「パパ活」第2話(10月18日放送) ネタバレ&感想

 

 

 

【第1話のあらすじ】

 

母親に恋人ができ、家を追い出された杏里は、誰にも頼ることが出来ず、ネットカフェで寝泊まりしながら大学に通うことに。家を借りるお金もなく途方にくれていると、体の関係なしのデートだけで金銭援助をしてもらえる男女交際「パパ活」を紹介される。最初は消極的だった杏里だが、背に腹はかえられず「パパ活」始める。ある日、ホテルのロビーで待っているとそこに現れたのは、どこか寂しげな雰囲気を持つ航だった・・・。

 

 

 

 

 

 

今回の出演キャスト

 

主人公:赤間杏里/飯豊まりえ

母親に家を追い出され、仕方なくネットカフェを転々としながら大学に通う。父親は幼い頃に別の家庭を築くという複雑な家庭環境だが、明るく、仲良しの友達には何でも話す、ごく普通の今時の女子大生。

 

栗山航/渡部篤郎

普段はフランス文学の翻訳者をしている。妻、菜摘の事を照れもせず「美しい、愛している」と話すスマートな男性。しかし、過去のある出来事から何かを抱えている。

 

柿沢実/健太郎

ビジュアルが良く、女性にモテる為、常に女性をとっかえひっかえしている。しかし、料理に対しては真面目で熱いものを持っており、女性に対しても本当は・・・。

 

栗山菜摘/霧島れいか

アラフォーとは思えない美貌の持ち主。芳樹のエステを手伝っている。どこか危ういところがあるのは、過去のある出来事が原因か・・・。

 

 

入江芳樹/橋本さとし

敏腕経営者でレストランの他にエステなどを経営している実業家。航の大学時代からの親友。

 

 

 

 

「パパ活」第2話(10月18日放送) ネタバレ

 

 

大学で驚きの再会・・・

 

航(渡部篤郎)にかしてもらった部屋で目を覚ました杏里(飯豊まりえ)。翌日大学の講義に行くと、新しい先生として航が来た。お互いを見て驚く杏里と航。辞めようよそういう展開、と呟く杏里。そして杏里は借りていた航の部屋の鍵をじっと見つめる。

 

フランス文学科の航の部屋を訪ねる杏里。杏里は航によく眠れたお礼を言う。そして慌てた口調で、パパ活のことが大学に知られるとお互いマズい!でも、そこに金銭は発生してないし、と1人で焦るが、航は平然と荷物を片付ける。昨夜は出版社のパーティーがあった、そういう席は苦手でロビーで酔いを醒ましていたら自暴自棄になっている君が目の前にいて、まさかこうして教え子になるとは思わなかったけど、放っておけなかった、と言う。人違いだったんだー!!じゃ、共犯者じゃなくて、マズいのは私だけ!?と言う杏里。大丈夫!何も無かったし、そういう時って誰にでもある、鍵はいつでもいいから、と優しく航は言う。杏里は、すいませんでした!と言い、慌てて出て行くがすぐに戻ってきて、部屋に隠れる。友人のさつきが先生の片付けを手伝う!と言って講師室に来たからだ。航は、じゃ校内を案内して!と外に連れ出し、その隙に杏里は部屋を出る。

 

パパ活サイトのパパの1人からしつこくお誘いのメッセージが届き、ウザくなったから切ろう、と言う友人のるい。あんた達出会い系なんてしてるの!?と呆れる友人のなぎさに、もう登録は抜けた、と杏里は言う。私だって本当はオンリーがいい、マンションの一室をもらって、その人だけっていう事、と言うるい。オンリーかぁ・・・と呟く杏里。

 

 

杏里は彼氏と仲直り!?しかし・・・

航と菜摘の関係、それぞれが抱える思い・・・

 

イケメンいたらどうする?と言いながら歩く杏里とるいとなぎさの前に彼氏が現れる。なぎさに促され話に行く杏里。俺内定もらった、晩飯一緒にどう?と聞く彼氏。杏里は自分のアルバイト先のレストランに一緒に行く。

 

実(健太郎)から、彼氏と仲直りしたのか?と聞かれた杏里は、まぁね!就職祝いだから私がおごってあげないと、と言う。ああいうのがタイプか!?つまんね、と言う実。

 

妻の菜摘(霧島れいか)と友人の芳樹(橋本さとし)と食事をする航。芳樹は、菜摘のお陰でウチのエステの売り上げは半年で倍増だ、美魔女として取材もたくさん受けてもらって・・・と菜摘にお礼を言う。元々女優になってもおかしくないくらいの美人だ、と言う芳樹に航も、俺にはもったいないくらいの美人だよ、と言う。

 

帰りのタクシーの中で、手広くビジネスを成功させてるのはすごい、と芳樹を褒める菜摘に航も、金儲けの天才だよ!勘がいいんだろうね、と言う。2人が親友なのが不思議、と言う菜摘に航は、共通点は皆無だけど馬が合う、と言う。菜摘は少し飲み過ぎちゃった、と言い航の手を握る。

 

彼氏の家に行く杏里。追い出されたならとりあえずウチに来れば良かったのに、という彼氏に杏里は、とりあえずか・・・と呟く。不満そうな顔の杏里を彼氏は抱き寄せる。

 

菜摘は家に帰ると航にキスをし、ソファーに押し倒す。

 

やめて!と彼氏を離す杏里。うやむやにして適当にエッチしてハイ仲直り!?就活でイライラしてケンカしたのは謝るけど、体調悪くてなぎさを呼んで・・・友達!?元カノでしょ!私は内定もらって喜んでいる時もいいけど具合が悪いから来てくれっていう方もひっくるめて彼女って思うわけ!と怒って言う。わかったよ、とにかく中で話そう、行くとこないんだろ!?と言う彼氏に、さようなら!行く所はあるから!と航の鍵を見せて帰る。

 

航から静かに離れる菜摘。すまない、と言う航に菜摘は、私はあなたの何なの!?と言う。再び、すまない、と言う航に苛つく菜摘。妻だ、と航が答えると、違うわ!違う!!と菜摘は言う。

 

何がとりあえずだ!?と怒りながら杏里は航の隠れ家に行き、もう一泊させてもらう事にする。

 

真っ暗なリビングで1人考え込む航。

 

 

娘の存在・・・そして航の抱える思い

 

杏里は航の本に挟まれていた幸せそうな家族写真を見つける。航と菜摘の間には笑顔の女の子がいた。

 

自分が作ったサンドイッチを食べる航の所に行くさつき。

 

杏里とるいとなぎさもちょっと離れた所でご飯を食べる。杏里から彼氏を振った事を聞いたるいは驚く。彼氏は杏里が帰ったあとなぎさに連絡したという。なぎさも、もう連絡しないで!と言った事を聞き、友情だよね——!!と言うるい。もしかしたら第3の女に連絡したかもしれないね、と杏里が言うとなぎさも、あるある!と言う。あんた達の友情に乾杯!!とるいは言う。

そこにさつきが戻ってきて、栗山先生とランチしちゃった!手作りのサンドイッチ美味しかった!と嬉しそうに報告する。るいたちのパパ活に影響された、私ももっと年上の人から始めてみようかなって、と話すさつき。いい加減にして!彼氏の次はあれかよ!?私のパパを取らないで!!と思わず言う杏里。驚く皆を見て杏里は我に返る。

 

芳樹の車に乗る航。スパンコールクラブ退会したんだってな、という芳樹に航は、俺は愛人が欲しいわけじゃない、イメージと言うかキャラが違う!と言う。あれから家で何かあったのか?ウチの店長泣かすなよ!お前が壊れてるのはいいよ、でもな、嫁さんまで壊すんじゃねーよ!と芳樹は忠告する。全くだな、と航は言い車を降りる。

 

 

思い描く親子像、そして菜摘の裏切り・・・

 

アルバイトをする杏里。そしてまた航の隠れ家に行くと鍵が開いていた。ベランダにいた航は、悪かったね勝手に入って、とっくに荷物を持って出て行ったのかと思って、と言う。図々しく連泊しちゃって、と謝る杏里。そして家族写真を見てしまった事も謝罪する。お嬢さんいたんですね、と言う杏里に航は、10年前のね・・・最近は写真とか残さないでしょ!?と言う。荷物を持って出て行こうとする杏里に航は、良かったらここに住めばいい、君さえ良ければ好きなだけ!パパ活って言ったかな!?娘とはうまくいっていなくて、ちょうど君と同い年だ、想像していた様な関係にはなれなかった、と言う。杏里も両親は離婚して父親は違う家庭を持っている事を話す。

 

時がいつかは解決するものだと・・・どんな痛ましい事もきっと時がいつか、ゆっくりと癒して・・・でも私達の間にはいつもあの子がいるの!亡くなったあの子が亡霊のように・・・と言う菜摘を芳樹がそっと後ろから抱きしめる。そして2人はキスをする。そしてそのまま愛し合う。

 

東京タワーを見つめながら、大人になったら時にはママを置いてパパと2人で・・・とお互いパパや娘としたかった事を話す2人。1つだけ聞いていいですか?奥さんの事今でも・・・?と聞く杏里に航は、愛してる、と答える。それなら!と杏里は航に手を差し出し、2人は握手をする。オンリーユー、掛け持ちじゃなく1人だけのパパを持つ事をそう言うみたい、と話す杏里に航はフランス語での言い方を教える。

 

 

《次回に続く》

 

 

【エンディング後の次回予告】

 

「ハッピーバースディ!」(航)

「パパから娘へ」(航)

「ダメ!金銭発生している契約恋愛なんて!」

「恋愛してるんだったらいいんだよ」

「私おじさん興味ないし」(杏里)

「お久しぶりです!」

「彼とはまだ寝てないのよね!?」

「あなたは契約を解除されたんですよね!?」(杏里)

「気をつけろよ!ああいうプライド高そうな奴ってストーカーとかになるっていうから」(実)

「いい加減、前を向いて生きないとダメだと思うの」(菜摘)

「離婚したいかい?」(航)

「あの人病気よ、完全に!」

 

 

 

【管理人の感想】

 

今回も切なそうな、何とも哀愁漂う表情が多かった航。それはきっと亡くなった娘さんの影響なんですね。菜摘の言葉では亡くなったという表現がされていたけど、航はまだ生きているかの様な話し方でしたね。航の中で娘さんはまだ生きている、という事なのでしょうか・・・?そして不思議な関係の航と杏里の間にだんだんと生まれ始めた絆。これからお互い親子のように支え合っていくのでしょうか?それとも恋人になるの??まだまだ先が読めません!

航は菜摘を”愛してる“と言いましたが、「すまない」という言葉は傷つきますよね・・・。菜摘は寂しさを埋めるかのように不倫をしてしまいます。そんな崩れかけた関係の航夫婦。そして杏里の元彼はストーカーになる!?

次週は航の前にもう1人女性が現れる様です。どんな関係なのでしょうか?何の為に現れたのでしょうか?もしかして、芳樹が言っていたクラブの人??次週も目が離せません!!

 

 

 

【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4c21/4c21820002/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です