「パパ活」第7話(11月22日放送) 離婚を決意した航。新たな幸せへと歩き始めた時、衝撃の展開が・・・!!

 

 

 

【第6話のあらすじ】

 

 

ついにお互いの恋心に気づき、一夜を共にした航と杏里。しかし、友人達からは単なる不倫ではないかと言われてしまう。一方、航と杏里の関係性の変化を知った菜摘は、ペットならいいがルール違反だと杏里に詰め寄る。菜摘の強く激しい感情に触れた杏里は傷つき、どうしたらいいかわからなくなる。そんな中、杏里に振られて料理に邁進していた実は、芳樹から航に関する重大な秘密を打ち明けられていた・・・。

 

 

 

 

 

今回の出演キャスト

 

主人公:赤間杏里/飯豊まりえ

母親に家を追い出され、仕方なくネットカフェを転々としながら大学に通う。父親は幼い頃に別の家庭を築くという複雑な家庭環境だが、明るく、仲良しの友達には何でも話す、ごく普通の今時の女子大生。

 

栗山航/渡部篤郎

普段はフランス文学の翻訳者をしている。妻、菜摘の事を照れもせず「美しい、愛している」と話すスマートな男性。しかし、過去のある出来事から何かを抱えている。

 

柿沢実/健太郎

ビジュアルが良く、女性にモテる為、常に女性をとっかえひっかえしている。しかし、料理に対しては真面目で熱いものを持っており、女性に対しても本当は・・・。

 

栗山菜摘/霧島れいか

アラフォーとは思えない美貌の持ち主。芳樹のエステを手伝っている。どこか危ういところがあるのは、過去のある出来事が原因か・・・。

 

 

入江芳樹/橋本さとし

敏腕経営者でレストランの他にエステなどを経営している実業家。航の大学時代からの親友。

 

 

 

 

「パパ活」第7話(11月22日放送) ネタバレ

 

衝撃の事実を聞かされる。思い悩む杏里・・・

バイト先で賄いを食べる杏里(飯豊まりえ)を実(健太郎)は何か言いたげに見つめる。躊躇った後実は、事故で無くなった娘の実の父親はオーナーだ、DNA鑑定もしたらしい、と言う。

 

ー大学で・・・ー

ってことは先生は自分の子でもない子の死を引きずってたってことよね!?と言うなぎさ。その奥さんひどい!!とさつきも言う。先生には教えてあげたの?と聞くるいに杏里は、あんたバカ?口が裂けても言えないよ!オーナーだって殺されても文句ないって・・・万が一そんな事になったら・・・絶対に無理!!と言う。でも、だったらそこまで苦しむこと無かったって結果的に救われるかもよ!?むしろ何もかも忘れて二人で再出発出来るかも!とるいは言う。でも今がいい状態なら言いたくないっていう気持ちもわかる、となぎさが言うと杏里も、でしょ!?中吉で満足してるのに大吉引きなおしに行って凶引いたらどないすんの!?って話よ、と言う。もしかしたら気付かずに他人の子供を育ててる旦那さんって結構いるのかもね、となぎさは言う。あり得ないでしょ!私なら腹をくくって1人で育てる!あー、マジヤダー!知りたくなかったー!!と言う杏里。

 

航(渡部篤郎)の講師室で家族3人で写った写真を手に取って見つめる杏里。航が入って来たので思わず後ろに隠す。隠すことはないよ、目立ちたがり屋だったから注目されれば喜ぶ、と航は言う。誕生日占いは噓だね!私には似ても似つかない、性格も女子っぽいし、と言う杏里に航は、家の中ではそんな事無かったよ!と言う。似てると言えば、先生にもそんなに似てないかも・・・と言う杏里に航は、確かに妻似だと言われてた、と言う。杏里は娘と航のホクロの位置が同じ事に気付き、奇跡だね!!と言う。そして、講義が始まる!と慌てて部屋を出て行く。ないわ、絶対オーナーの噓!!一緒じゃんホクロ!!と呟く杏里。

 

海辺のベンチで話す航と芳樹。

芳樹 「あいつは一度きりのチャンスを逃したよ。」

  「そうか。」

芳樹 「お前と別れて俺と再婚すれば良かったんだ。そう思うだろ?娘を失って苦しむのは本来実の父親である俺なんだから。・・・すまなかった。」

  「もうよせ!今まで何度謝ったと思ってるんだ?会うたびだぞ!?・・・時々考える。俺よりお前の方が辛かったかもしれないって。お前は自分がパパだとあの子に言えなかった。言えないまま・・・。素敵な子だった。」

芳樹 「ああ。」

  「あの子には俺とお前、パパが二人いたんだ。短い命だったけど幸せだった。」

泣き出す芳樹。

 

離婚を決意した航。しかし菜摘は・・・

 

杏里が帰ると菜摘(霧島れいか)が来ていて航と話していた。二人の間のテーブルの上に離婚届があるのを見た杏里は、私どこかに・・・と出て行こうとするが航は、構わないよ、居てくれ、と言う。

菜摘 「殊勝なお芝居はやめて!もっと勝ち誇った顔をすればいいのよ!私の言ったことを理解してはくれなかったようね。この人の一時の逃げ道に過ぎないあなたはー」

  「彼女は関係ない、私達夫婦の問題に。」

菜摘 「関係ないですって!?冗談でしょ?こんな子が現れなければ・・・」

  「既に破綻していた。その前から。」

菜摘 「そうじゃない!私達は娘の事故から深い暗闇の淵に一緒に突き落とされていたの。不可抗力よ!!いつか一緒に浮上する時が来たの!ゆっくりとだけど自分達らしさを取り戻しつつあったの!」

  「そう感じていたのは君だけだろうね。」

菜摘 「どうかしてるわ!こんな子のどこがいいの?どこにでも転がっていそうなつまらない子でしょ!?」

  「君から見たら誰もがつまらない人間に見えるだろうね。」

菜摘 「ダメよ!許さないわ!!離婚なんて絶対にしない!娘の為にも私達夫婦は絶対に別れてはいけないの!あの子の家族が無くなってしまうなんて絶対に許せない!あの子だってそう思ってるわ!」

  「そうかな?俺はあの子は許してくれると思う。」

菜摘 「やめて!!苦しめないで!!私を苦しめないで!!あなたを愛してるのよ!」

  「愛?」

菜摘は航の手を握る。

菜摘 「そうよ!私、誰よりもあなたをー」

杏里 「ならどうして騙したんですか?愛してるなら、どうして騙したんですか!!本当のパパは違う人なのに!!」

菜摘 「何を言いだすの?あなたは。」

杏里 「オーナーの子供なんですよね?」

菜摘 「バカなこと言わないで!」

杏里 「証拠だってある!DNA鑑定をしたって。」

菜摘 「ふざけたこと言わないで!私達夫婦を愚弄する気なの!?そんなものあるはずも無いわ。あるなら出してみなさいよ!!」

杏里 「それは・・・」

  「俺が持ってるよ。」

そう言うと航は机の引き出しを開け、封筒を取り出す。

菜摘 「噓よ!そんなもの。」

  「本物だよ。」

菜摘 「誰かがねつ造したものでしょ!?芳樹ね?彼がお金に物を言わせたんだわ!そうに決まってる!そうよ、二人でいつも同じ所にホクロが、って・・・」

航  「ただの奇跡だよ!」

菜摘 「そんなもの・・・なら、再鑑定しましょう!!きちんともう一度、陰でこそこそしないで私がー」

  「あの子のお墓を掘り起こしてかい?遺骨を取り出してかい?」

黙り込む菜摘。

  「家もこのマンションも君に渡す。それで終わりだ。」

菜摘 「あなた・・・」

 

 

航は全て知っていた!!そして航は杏里と2人で幸せへと歩き出す。

—屋上で話す二人—

杏里 「知ってたんですか?」

航はさっきの封筒を杏里に渡す。

杏里 「これって、翻訳の原稿?」

  「俺が持ってるはずがない!」

杏里 「じゃ、かまかけたっていうか・・・」

  「いや、芳樹が持ってるはずだよ。」

杏里 「見たの?確かに?」

  「娘とは遺伝子的繋がりはない。父親は彼で間違いない。」

杏里 「いつ?」

  「芳樹もなかなか言い出せなかったようだ。娘が幼稚園に上がる頃だね。」

杏里 「もっと早かったら?赤ちゃんの時とか。」

  「まだ情が移らない時ならって?わからないな。でも、産まれたときね、本当に本当に感動したからね。だから、いつならとかそういうことでは言い表せない。」

杏里 「そうだよね。ごめんなさい。」

航  「いや、いいんだよ。」

杏里 「二人を恨んだよね?」

  「いや、それがね、不思議なんだよね、そういう負の感情よりもこの子を手放さなきゃいけないのかっていうそっちの恐怖の方が先でね。それを芳樹も感じたのか、罪悪感もあったんだろう、そのまま俺の娘のままにと・・・」

杏里 「そう・・・」

  「素晴らしい日々だった!娘との最高の日々が。・・・パパ活。始めはそうした秘密倶楽部?君と出会ったサイト、血は繋がってない、だけど本当の親子の様に素晴らしい日々を送れたんだ、またもしかしたらそうした運命にもほど近い出会いが・・・」

杏里 「同じ誕生日?」

  「バカだよね。そんなおままごとの様なね!」

杏里 「メルヘンだね!」

  「メルヘンか。」

杏里 「私と出会った。」

  「そうだね。」

杏里 「運命にほど近い?」

  「さぁ。」

そう言い航は笑う。

 

—ベッドで話す二人—

  「離婚が成立したらパリに住もうと思う。」

杏里 「えっ!?」

  「教授なんていう柄じゃなかったんだよ。向こうに住んで翻訳の仕事を。」

杏里 「そうなんだ。」

  「何もかも忘れて再出発だ。君も一緒に来ないか?」

杏里 「えっ!?」

  「留学すればいい。フランス文学を学ぶならそこの空気を、息吹を感じるのが一番いい。」

杏里 「・・・」

  「急だし、無理な話だったかな?」

杏里 「やだ・・・嬉しい。私、ほら、最初会った時もママに家を追い出されて、友達多いと思ってたのに寝る所もネカフェしかないって愕然としちゃって、それでさっき奥さんが言ってた様にそこら辺に転がってる普通の子っていうか、特別夢も希望もないっていうか、命短し恋せよ乙女っていうか、諸々あったとしても知ったこっちゃないって、女子力って実はそういうことじゃないっていうか、何が言いたいんだ?私。」

  「なるほどね。それはあるね。二つ返事で行くって言われたらストンとそう?って、それは染みる、何にも勝るかも。」

杏里 「スーパー女子力だと思わない!?」

航  「思うよ!」

杏里 「なんか、逃避行っていうか、ドキドキするし。」

  「逃避行か・・・。」

杏里 「ほらそこ!ジュテームとかいう所でしょ?」

  「(フランス語)」

杏里 「どういう意味?」

  「後で調べて。」

杏里 「はーい、先生!」

 

菜摘について話す芳樹。そして衝撃の展開が・・・!!

 

店で食器を洗う芳樹。いいから休んでろ、昼夜働かせてブラック企業だからな、と芳樹は実に言う。伝えましたよ、娘さんの本当のパパの話、俺経由で言ってくれってことだったんでしょ!?と言う実に芳樹は、まぁ、彼女も知ってた方がいいと思ってな、と言う。微妙じゃないですか!?本人には伝えづらいだろうし、と言う実に芳樹は、航なら知ってる、と言い実は驚く。つか、こえーその話!奥さんマジこえー!と言う実。芳樹は、だが、魅力的だ、と言う。

 

航のマンションで離婚届と航の指輪をじっと見つめる菜摘。

 

お前は料理の天才だが彼女も男を弄ぶ天才だ!と芳樹は言う。いるんですね、そういう天才って、と言う実に芳樹は、おそらく情緒とか優しさが欠如している、だから他者を振り回すことに罪悪感がない、と言う。でも、母親だったんですよね?という実に芳樹は、いや、子供を産んだら母性に目覚めるなんて噓だ、相変わらず自分が誰よりも一番じゃないと気が済まない女はいる、と言う。まぁ、テレビとかではよく虐待とか・・・虐待してたんですか!?と聞く実。まさか!インテリジェンスはあるよ、自分の娘に嫉妬してたんだ、娘と父親である航の仲睦まじさにな、いずれ美しくなるであろう自分の娘に、いなくなればいいと思ったかもしれん、と芳樹は言う。事故だったんですよね!?と恐る恐る聞く実。

 

菜摘は口に不気味な笑みを浮かべる。

 

当たり前だろ!と芳樹は実に言い笑う。

 

 

杏里と外で食事をする航。電話がかかって来て、代講を頼んでいた村上君が熱を出したから午後の講義は予定通りやらないと、と言う。君も受けるかい?と言う航に、ないない!もうすぐやめちゃうんだもん!心は花の都パリ!本屋寄ってぶらぶら買い物して帰る!と杏里は言う。杏里にクレジットカードを渡す航。いいの?めっちゃ買うよ!?と言う杏里に航は、めっちゃ買えよ!と笑う。講義に向かう航を杏里は幸せそうな笑顔で見送る。

そして杏里は本屋でフランスのガイドブックを見て、洋服を試着して、美容院に行き、ネイルをし、たくさんの買い物袋を下げて嬉しそうに家へと向かう。

 

その頃、航のマンションのベランダに佇む菜摘。杏里の目の前に突然人が落ちてくる。慌てて駆け寄る周りの人々。血を流して倒れているのは菜摘だった。そして左手には結婚指輪がはめられたままだった。思わず荷物を落とし愕然とする杏里。

 

 

《次回に続く》

 

 

 

【エンディング後の次回予告】

 

 

禁断の恋 最終話

「私がいるから!これからもずっと!あなたの側にいるから!」(杏里)

「1人になりたいんだ。疲れたよ。」(航)

「自殺じゃないんですか?まさか!?」(実)

自殺?殺人?

「まさか連れて行くつもりか?」(芳樹)

「先生が疑われたの?」(杏里)

「日本の警察そんなに甘くねーよ!」(実)

「やめとけよ!忘れちまえよ!」(実)

「彼と連絡が取れません!」(杏里)

「好きな人なら抱きしめたい!抱きしめられたい!」(杏里)

二人が選ぶ結末は・・・

 

 

【管理人の感想】

 

衝撃のラストシーン。まさか菜摘が杏里の目の前で飛び降りるなんて・・・!!芳樹も言っていましたが、菜摘には何かが欠如していたのかもしれません。航に対しても強い執着心とか狂気じみた愛を感じました。娘の死も事故ではない!?なんて怖い想像を掻き立てる様なシーンもありましたね。パリへ行くことに浮かれていた杏里と航はどん底へ突き落とされました。自分たちの幸せに浮かれて菜摘のこと、離婚のことをちょっと軽く考えていたのかもしれませんね。この事件によって2人の関係は変わってしまうのでしょうか。

次週がとうとう最終話!30分ドラマということもあり、あっという間でしたね。航と菜摘の夫婦関係が破綻していても、菜摘が不倫していたとしても、航と杏里の関係が不倫ということには変わりはありません。2人がどのような結論を出すのでしょうか?早く続きが見たいです!!

 

 

 

 

【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

 

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4c21/4c21820007/

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です