「愛してたって、秘密はある。」第10話 9月17日(日)【最終話!】

 

 

 

【第9話のあらすじ】

 

 

晶子(鈴木保奈美)が、11年前に奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だと自首した。彼女は取調べで夫の暴力に耐えかねて殺害したと供述、裏付けのための捜査が自宅で行われることに。晶子は黎(福士蒼汰)に「黎の人生を守れて幸せ」と言う。黎は葛藤しながらも、警察の事情聴取では晶子に合わせて嘘をつく。

黎は立花(遠藤憲一)に、晶子が自首して近いうちに逮捕されることを知らせる。立花は黎に、爽(川口春奈)と別れるようにと命じる。黎も、その覚悟はできていた。

爽は黎を呼び出し、自分がサインした婚姻届を渡す。そんな爽に、別れを告げる黎。さらに彼は、父を殺したのは晶子だったと嘘を重ねてしまう。まもなく、晶子が死体遺棄容疑で逮捕される。逃走中の風見(鈴木浩介)は晶子の逮捕をニュースで知り、ある決意を抱いて…。

黎の告白にショックを受ける爽だったが、彼への気持ちは揺るがなかった。母が逮捕され辛い状況の黎を心配し、連絡を取ろうとするものの、黎からは拒絶される。

そんな折、法律事務所に出勤した爽は、デスクの上に見覚えのない封筒を見つける。その中には、奥森が遺した日記のコピーが入っていた。その日記を読んで衝撃的な事実を知った爽は、立花が黎との結婚を反対した本当の理由を察する。彼女は、虎太郎(白洲迅)にその封筒を黎に渡してほしいと頼んだ後、奥森の日記に書かれていたことを立花に突きつける。
実は、その封筒を爽のデスクに置いたのは、意外な人物で…。

 

 

 

 

 

 

 

今回の出演キャスト

 

 

主人公:奥森黎/福士蒼汰

司法修習生。中学3年の夏、母親への暴力を止めようと、父親を撲殺してしまう。その過去から「罪にはそれぞれ事情がある」ことを、身をもって知っているため、犯罪者を弁護する弁護士を目指している。

心優しく、真面目な青年。母親思いで、一人っ子のため責任感が強い。縦列駐車が苦手など、不器用な一面も。自分に恋愛なんてする資格はないと思っていたが、爽と出会い、恋に落ちてしまう。

立花爽/川口春奈

司法修習生。父親がエリート検事のため、検事を目指している。兄が厳格な父に反発し検事になることを拒否したため、父の期待を一身に背負うことに。

両親に溺愛されている。まっすぐで明るく、天真爛漫。誰とでも仲良くなれる人気者タイプだが、寂しがり屋の一面も。料理はカレーしか作れない。黎と結婚したいと思っているが・・・。

奥森晶子/鈴木保奈美

黎の母。看護師。港北医科大学付属病院の医師だった皓介と結婚、専業主婦となり黎を出産。忙しい夫を支え、黎を大切に育ててきたが、ある時期を境に夫の暴力に悩むようになる。夫の「失踪」後、看護師として復職し、黎を育てる。

良識のある優しい女性。自分のせいで息子を殺人犯にしてしまった自責の念を常に持っており、黎には過去を忘れて人並みの幸せを手に入れてほしいと願っている。

奥森皓介/堀部圭亮

黎の父で、港北医科大学付属病院の医師。11年前に他界したが、表向きは「失踪」したことになっている。

上昇志向が強く、仕事一筋。一人息子の黎にはほとんど構わず「何でも自分でどうにかする力をつけろ」と常に厳しく当たっており、家庭では孤立気味だった。ある時期を境に、妻への暴力が始まる。

立花茜/岡江久美子

爽の母。専業主婦。児童養護施設で育ち、必死に働いて上京。幸せな家庭に強い思い入れがある。長男・暁人が家出をしてしまったことを、自分のせいだと責任を感じる部分も。その分、娘の爽には、女性として「普通の幸せな結婚」をしてほしいと強く願っている。

立花弘晃/遠藤憲一

爽の父。神奈川地方検察庁の検事正。真面目で融通が利かない性格。曲がったことが大嫌いで、罪を裁くことに人生を捧げてきた。「どんな事情があれ、罪は罪。罰せられるべきである」という、黎とは正反対の信念の持ち主。自分と同じ法の道に進んでくれると期待していた長男が、反抗しジャーナリストになったため、勘当。以来、娘の爽に期待し、溺愛している。

立花暁人/賀来賢人

爽の兄。週刊誌に出入りするフリージャーナリスト。幼い頃から、厳格でエリート志向の強い父の期待を一身に受け、検事を目指していた。しかし、ある事件をきっかけに父に反発、権力の闇を暴く仕事を選ぶ。両親とは絶縁状態だが、妹の爽とは連絡を取り、可愛がっている。

安達虎太郎/白洲迅

司法修習生。黎と爽の法科大学院時代からの友人で、黎と一緒に検察修習中。有名食料品メーカーの創業一家の次男坊。ナルシスト気味だが、お調子者で気さく。密かに爽に好意を抱いているが・・・。

香坂いずみ/山本未來

小さな法律事務所を構えている弁護士。法科大学院の講師もしており、黎と爽の恩師でもある。2人のことを温かく見守る、よき相談相手。弁護修習で、爽の面倒を見ている。

風見忠行/鈴木浩介

港北医科大学付属病院の消化器内科、准教授。独身。もともと皓介の後輩医師。性格は穏やかで人情味があり、患者やナースからも人気。皓介の「失踪」後、晶子の復職を世話するなど、何かと奥森母子の面倒を見ている。黎にとっては父親代わりのような存在。ほのかに晶子に好意を抱いていて・・・。

市ノ瀬義男/矢柴俊博

港西警察署・刑事課の刑事。叩き上げの現場主義。口は悪いが、正義感が強く、捜査には手を抜かない熱血漢。

井上大吾/佐伯大地

港西警察署・刑事課の刑事。市ノ瀬の部下。体育会系で超単純。顔面偏差値は高いが、宝の持ち腐れ。

山田隆也/柄本時生

香坂法律事務所のパラリーガル。気が小さく、いずみを恐れているが、ついつい本音を口にしてしまう正直者。

浦西果凛/吉川愛

横浜市内の私立女子高に通う高校生。高校受験の際、黎に家庭教師をしてもらっており、黎に片思い中。神出鬼没で謎の多い存在。

 

 

「愛してたって、秘密はある。」第10話 9月17日(日)【最終話!】 のネタバレ

 

 

 

ごめんなさい、パパのせいでお母さん・・・と言う爽(川口春奈)。母さんじゃないよ、父さん、俺が殺した・・・と言う黎(福士蒼汰)。あの時の感触、まだ残ってる、母さんと一緒に庭に埋めて、なかったことにして生きてきた、俺は悪くないって自分に言い聞かせて周りを欺いて、爽のこともずっと裏切っていた・・・俺みたいな奴に謝る必要ないから!と黎は言い、爽に近づくと、爽は思わず後ずさって距離をとる。呆然と立ち尽くす爽。黎はそのままその場を立ち去る。

 

『心の中で期待していた。彼女なら僕の真実を受け入れてくれるんじゃないかと。どんなに暗い場所にいても僕を照らしてくれるんじゃないかと。バカみたいに、期待していた・・・』

 

爽に茜(岡江久美子)から電話が来る。そして慌てて救命救急センターに駆けつける。立花(遠藤憲一)はまだ手術中だった。何の躊躇いもなく風見(鈴木浩介)に背中を向けやがった、と言う暁人(賀来賢人)。暁人を守ろうと必死だったのよ!と言う茜に暁人は、それだけじゃなくて風見を煽っているように見えた、罰を受けようとしたのかもしれない、と言う。

 

皓介(堀部圭亮)の日記のコピーを持って警察署に行く黎。

 

風見は警察署にいた。立花は?と聞くと、まだ意識不明だ、と刑事に言われる。

 

警察署に行ったはずの黎は自分のベッドで目が覚める。玄関のチャイムが鳴り、降りて行くと市ノ瀬(矢柴俊博)と井上(佐伯大地)だった。爽に凶器を送った人物がわかった、と言う。黎も一緒に防犯カメラの画像を見ると、晶子(鈴木保奈美)だった!!庭を掘り起こして遺骨と凶器を持ち去ったのもお母さんかもしれない、と市ノ瀬に言われて衝撃を受ける黎。井上は、動機が謎だ、何の特にもならないのに、と言う。

 

 

『本当に母さんが・・・』

 

黎は部屋に行き、「お父さん、どーこだ」と書いてある赤い包みの写真を見る。

 

『地検に入って資料に写真を挟むなんて母さんには無理だ。それに・・・どうしても信じられない。母さんが僕の幸せを願いながら壊そうとしていたなんて。』

 

家を出て電話をかける黎。そして香坂法律事務所に行く。香坂(山本未來)に晶子の弁護をお願いしたい、接見の時に同席させて欲しい、母に会ってどうしても確かめたいことがある、と頼む。香坂は、お父さんの日記のこと・・・ごめん、一昨日の夜に日記のコピーがポストに入っていて、立花さんも読むべきだと思って渡したんだけど、彼女とはちゃんと話せた?と聞く。もう爽と会うことはないと思います、これで良かったんだと思います、と黎は言う。

 

立花は病院で意識が戻る。茜と爽と暁人も胸を撫で下ろす。立花は暁人に、大丈夫か?何で庇った?と聞く。暁人は、それはこっちの台詞だ、取材だから行く!と言い出て行く。夢を見ていた、俺が風見を殺してた、ナイフで刺した感触がまだ残っている、後悔と絶望の海を漂っていた、と立花は言う。爽は、黎の言葉を思い出し、立花に黎を重ねていた。

 

家で爽と撮った携帯の写真を見つめる黎。そして一枚一枚削除していく。

 

リビングに行くと床一面に破いた皓介の日記のコピーがバラまかれていた。

そしてイスの上にはDVDが置かれていた。リビングにはビデオが固定されていた。すぐに再生してみると、そこには日記を破ってまき散らす人物が写っていた。その人はゆっくりビデオカメラに近づき、顔を上げると・・・黎自身だった。そしてビデオに向かって笑い、ピースサインをする。驚愕する黎。

 

 

香坂は昨日黎から晶子の弁護を頼まれたことを爽に話す。色々なことがありすぎて頭がぐちゃぐちゃで、と言う爽の前に香坂は晶子が載った皓介殺害事件の新聞記事を置く。弁護修習、最後の課題!立花さんはこの事件と向き合うべきなんじゃないかな、と香坂は言う。

 

放心状態で歩く黎。

 

『あれは、俺なのか?』

 

庭を掘り起こし、自分の資料に赤い包みの写真を挟み、赤い包みを自分のクローゼットに置き・・・

 

『俺がやったのか?』

 

晶子の記事を見つめる爽。安達(白洲迅)から電話がある。黎が修習を二日連続で休んでいて、メールも電話も連絡がつかない、あいつ変なこと考えていなければ良いけど、と安達は言う。爽は急いで黎の家に行く。

 

チャイムを鳴らしても返事がない。ドアが開いたので開けて入ると、黎が階段に座っていた。そして黎はいきなり強引に爽にキスをしようとし、爽に突き飛ばされる。やっぱり突き放すんじゃん、爽ちゃんって最高だよね、ちゃんと誰かと一緒に生きて行けるよ!なんて言っていながら黎のこと見捨てるんだもんね、今だってあいつが自殺するんじゃないかって止めにきたんでしょ?そりゃ自分のせいで死なれたら後味悪いもんね!と言う黎。いつもと違う様子の黎に爽は、どうしたの!?と聞く。俺さぁ、大っ嫌いなんだよね、お前のことも、おまえの言う綺麗事も・・・偽善者!と言い、玄関から爽を追い出す。

 

 

立花の病室に茜から頼まれたと暁人が着替えを持ってくる。すぐに帰ろうとする暁人を引き止め、書いて良いぞ!と立花は言う。俺が書いたら確実に更迭されると思いますけど、と言う暁人に立花は、それがお前の仕事だろ!と言う。

 

爽は香坂に、晶子の接見に同席させて欲しい、どうしても確かめたいことがある、黎にも・・・と言う。

 

警察署の前で待つ香坂と爽の所に黎が来る。爽は、昨日私と会ったこと覚えてる?と黎に聞く。えっ!?俺たち会った?と言う黎。接見の前に言っておかなきゃいけないことがある、と黎は香坂に言う。

 

晶子は接見に黎と爽もいることに驚く。

元気?ちゃんと眠れてる?父さんの日記読んだよ、と黎は言う。思い出したの?と聞く晶子。香坂は事務所に日記のコピーが届いたと説明する。思い出したってどういうこと?と聞く黎に晶子は、黎はあの日記を一度読んでるのよ、と言う。(香坂)先生も爽も俺が父さんを殺したことは知ってるから、わかるように説明して、と黎は言い、晶子は驚く。庭を掘り返したのは俺なの?俺が掘り返して、母さんが爽にトロフィーを送ったの?と黎は聞く。黙り込む晶子。やっぱりそうなんだ、と言う黎に晶子は、今度は受け止められたのね、日記のことを覚えていないのは、あの子がその記憶を引き受けているから、もう1人のあなたよ、黎と朔、と言う。

 

晶子は話す。

あなたが大学に入ったばかりの頃、家に帰ると皓介の日記を読んでいた。黎は、父さん悪い人じゃなかったのに、俺、俺・・・と錯乱する。自分は正しいことをした、父さんは殺されて当然の悪人だった、そう思い込むことであなたは精神のバランスを保っていた。だから真実を受け止めきれなかったの。取り乱していた黎が急に大人しくなり、立ち上がると、薔薇の香りがする、と言って眼鏡を外す。

黎?と言う晶子に、あいつなら寝てるよ!と言い笑い出す。俺はさ、自分が悪いことをしたなんて1ミリも思ってないから!死んで当然だろ、あんなクズ親父!と言って、笑う。次の朝には黎に戻っていて、日記を読んだこともすっかり忘れていて、安心した。このままで良いと思ったの。朔は罪を知らない人の前には出てこられないみたいだったから。でも、黎が爽ちゃんと付き合い始めた頃から朔が怒りだして、どうやって黎の結婚潰そうか、母さんもそのうちわかるよ!協力してくれるよね!?じゃないと俺、黎のこと殺しちゃうよ!と言われた。それであの子の言う通り、黎にメールを送って庭に花束を置いた。でもまさか、あの子が庭を掘り返すなんて・・・それから、風見先生からキーホルダーを盗んで地検に届けたり、機械で声を変えて警察に通報した。

 

全部俺が命令してたってこと?と聞く黎に晶子は、途中までは・・・でも爽ちゃんのお父さんがあの立花検事だと知って朔の言ってた意味がやっと分かった、立花さんを呼び出して、父さんに酷い取り調べをしていたことは黙っているように釘を刺した、階段から落ちたのも母さんが危ない目に遭えば結婚諦めてくれるかと思って・・・死んだって構わなかった、と晶子は言う。爽に俺の手帳を見るように命令したのも、花火大会で爽から髪飾り盗ったのも、そのあと俺に電話してきたのも・・・?と言う黎。玄関に規制線張ったのも、あの夜レコードかけたのも、婚約指輪をすり替え、証拠品を全部取り出し、盗聴器を付けたのも、全部母さんがやった、と晶子は言う。何で盗聴器を?と聞く黎に晶子は、朔がどれくらい出てきているか知りたくて、と言う。爽に送った小包はもう箱詰めされていて、中身がわからないまま指示通りに送っただけ、朔でいる時間が長くなってきている様に思えたから、と晶子は言う。果凛ちゃんに戸籍謄本を送ったのは多分朔、すり替えた婚約指輪は気付いたらなくなってた、風見の部屋にトロフィーと頭蓋骨があったのは、朔が(風見)先生に罪をかぶせようって言って、2人への内緒の結婚祝いだって言って私が預けた、(風見)先生がいなくなったのも逃げてくれた方が都合が良かったから・・・自首するって聞いて会いに行ったの、そして皓介の日記を見せて冤罪だと教えた、爽ちゃんのこと胸が痛んだけど仕方がなかった、風見先生がいなくなった後、警察が見つけやすいようにしていたのに先に黎が見つけるなんて・・・日記だって自首する前に燃やしたの、でも朔がコピーを取っていたなんて・・・と言う晶子。

 

母さんは俺の幸せなんて少しも望んでなかったの?と聞く黎に晶子は、幸せになって欲しいに決まっている、爽ちゃんには本当に感謝しているの、黎の笑った顔二度と見られないと思っていたから・・・ありがとう、本当にごめんなさい、と謝る。なんだよそれ、と言う黎。普通でいたかった、息子の幸せを願う普通の母親でいたかった、と泣きながら言う晶子。

 

接見後、黎は香坂に、母の弁護引き続きよろしくお願いします、今までありがとうございました、と言い頭を下げる。爽にも、ごめん、とだけ言い警察に行く。

 

 

安達と会う爽。本当は黎がお父さんを殺したことを話す。あいつ家にいたぞ!さっき様子を見に行ったら中で人影が動いて、と安達は言う。行かなくていいの?と言う安達に爽は、なんか黎のことも自分の気持ちも見失ってて・・・と言う。安達は、100の噓も1つの真実にはかなわない、という香坂の言葉を話し、黎が買った婚約指輪を爽に渡す。黎の真実ってそれなんじゃないの!?黎に返そうと思ったけど、あいつ捨てちゃいそうだから、と安達は言う。爽は指輪を見つめ、ありがとう!と言い急いで帰って行く。1人残された安達は涙を浮かべ微笑みながら酒を飲む。

 

爽は走って黎の家に行く。そして今までの黎の言葉や笑顔を思い出す。

 

家に着くとドアが開いていて、そのまま入る。出てきたのは朔だった。黎は自首したはずだけど、と言う爽。させるわけないじゃん、何で償わなきゃなんねーの?俺なんにも悪いことしていないのに、と朔は言う。爽は110番をし、住所と名前を言い彼氏に暴力を受けているから助けて欲しい、と言う。

黎のこと警察に売っちゃうんだ!?と言う朔に爽は、私はただ黎のやりたいようにさせてあげたいだけ、と言う。あいつにそんな権利あるのかなぁ、誰よりも弱いのに、現実受け止められずに俺に丸投げして逃げたんだから!と言う朔。黎は強いよ、自分の罪にちゃんと向き合って償うと決めたんだから!自分を正当化して逃げているあなたなんかより何倍も強い!と爽は言う。

 

その時警察が来て、朔(黎)を捕まえる。暴れて抵抗する朔(黎)に、償うんでしょ!?暗い所から抜け出すんでしょ!?黎!!と爽は叫ぶ。その時黎に戻り、爽、ありがとう、と言い黎は連れて行かれる。

 

 

 

港北医科大学付属病院は前園衆院議員に10年以上不正献金をしていた、とニュースになる。

病室で退院準備をしながら立花と暁人はニュースを見る。まだ歩くと痛みが残る立花を暁人が支える。そこに爽が来て立花に、私検事にはならない、弁護士になる!黎とお母さんがどうして庭に遺体を埋めたかずっと考えていた、人の弱さを受け入れる社会じゃないからだと思った、だから私が変える、罪を償って人生をやり直そうとする人の居場所になろうと思う、と宣言する。そんなことしたって何も変わらない、一度失敗したらそこで終わりだ、と立花は言うが、終わりじゃないよ!人は人を許すことが出来るから、パパがしたこともいつかきっと許されるよ!と爽は言う。勝手にしろ、と言い微笑む立花。

 

風見は留置所で前園の贈収賄疑惑について書かれた週刊誌の記事を読む。それには検察による不当捜査についても書かれていた。そしてその記事を書いたのは暁人だった。

 

街頭で黎が皓介殺人の疑いで逮捕されたというニュースが流れる。それを見つめる安達と果凛(吉川愛)。次探そーっと!だって黎ちゃんが出て来るの待ってたらおばちゃんになっちゃうじゃん!でも黎ちゃんのこと一生忘れない、会えて良かった!と果凛は言う。そして2人は別れる。

 

 

接見で、結局あの子を追い詰めただけだった、私は母親失格です!と後悔する晶子。香坂は、私にも息子がいる、何年も会わせてもらえていない、色々あって育児放棄しちゃって、そんな自分を変えたくて弁護士になった、でも息子に送った誕生日プレゼントは受けとってもらえなくて、ずっと自分が許せない、でもあなたは自分を許してあげてください、だって愛する息子の幸せの為に一生懸命やっただけじゃないですか!誰がなんと言おうと、あなたは最高の母親です!と言う。

黎と朔を、私の大事な息子を、よろしくお願いします!と晶子は言う。

 

黎は、弁護士の面会だ、と言われ接見室に連れて行かれる。そこにいたのは爽だった。驚く黎に爽は、黎と話をしたくて、香坂先生外で待ってくれている、と言う。黎は、もう大丈夫だから!ホッとしているんだ、やっと償える、人生を生き直せるかもしれないって、爽のお陰だよ!本当にありがとう、幸せになれるように祈っているから、と言う。爽は、まだ噓を重ねるつもり?百の噓を重ねたってこれにはかなわないよ!と首からチェーンでかけた婚約指輪を見せる。その指輪には「ずっと、ふたりで」と刻印されていた。罪を償ったら今度こそはめてね!そしたら一緒に婚姻届出しに行って、あのチャペルで式を挙げよう!と爽は言う。でも俺・・・と涙を流す黎に爽は、いいよ、朔がいても、黎は黎だから、黎のこと全部大好きだから!と言う。ずっとふたりで、俺と一緒に生きてください!と言う黎。これからもずっと側にいます!と爽。そしてふたりはガラス越しに指切りをする。

 

 

接見から戻る途中、朔が現れる。そして、薔薇の香りがする、と言う。

 

【END】

 

 

 

 

 

 

 

【管理人の感想】

 

 

最終話、とうとう終わっちゃいましたね。今回全ての謎が解けました。今までの黒幕は黎のもう一つの人格である朔で、黎と爽の結婚を反対して行なっていたということ、晶子が朔の言いなりとなって色々な工作をしていたこと・・・本当に衝撃的でした。別人格が生まれてしまうほどの壮絶な体験をした黎は今まで辛い部分を全部朔に背負わせていた分、これから朔の分まで責任を負っていくことでしょう。同じ1人の人間として共存していくのって、本当に大変で、難しそうだな、と思います。朔は黎のことを憎んでいる様でした。それは単に自分に全ての辛いことを押し付けて記憶を消して生きていたことに対するものなのか、それとも他に理由があるのか・・・最後のシーンで再び朔に戻りましたが、ちょっとスッキリしない終わり方でした。Huluで続編が放送されるということですが、気になります。

毎回、ドキドキしながら見させてもらって、とても見応えのあるドラマでした。ここまで犯人や謎が多く、最後までわからないドラマはなかなかないと思います!意外性、衝撃性がたくさんあり、とっても面白かったです!

 

 

 

 

 【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

 

http://cu.ntv.co.jp/aishitetatte_10/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です