「過保護のカホコ」第9話 9月6日(水) 放送内容

 

 

 

 

【第8話のあらすじ】

 

 カホコ(高畑充希)は家族の考え方を巡りはじめ(竹内涼真)と喧嘩別れしてしまったことに激しく落ち込むものの、いずみ(黒木瞳)正高まさたか(時任三郎)の前では超ハイテンションで振る舞い、病気の初代はつよ(三田佳子)にも孫が見せられるようにと婚活を宣言する。
一方、なかなか絵に集中できない初のもとにはイト(久保田紗友)が現れ、自分と付き合わないかと迫っていて…。
早速婚活パーティーに参加したカホコだったが、今まで初に言われた言葉が次々頭をよぎり会話が弾まず、散々な結果に終わる。
その頃、並木家では初代の病気についての親族会議が開かれるが、治療費や世話について皆自分の言いたいことを言うばかりで足並みはバラバラ。ついには各々が日頃から溜めていた不満を吐き出し、会議は決裂してしまう。
婚活に敗れ帰ってきたカホコは、親族会議から逃れてきた初代に花嫁修業として料理を教えてもらうが、初代は無理やり初のことを忘れようとしているカホコが心配で…。そんな中、泉から話し合いが揉めたことを聞いたカホコは、初代に1日でも長生きして欲しいという気持ちは家族全員同じはずだと話し、泉に仲直りを勧める。正高と初代はそんなカホコに今までにない成長を感じる。
解決策の見えない初代の病気と今後について、どうしても初に相談したいと思うカホコだったが、初から連絡が来るはずもなく…。代わりに教子きょうこ(濱田マリ)から家に連れ帰ってきてしまった迷子(横山歩)を警察に連れて行くのに付き添ってほしいと連絡が来る。男の子は養護施設から逃げ出してきたことがわかるが、送り届けた養護施設で目にした絵をカホコは幼い日の初が描いたものだと直感する!初についての意外な過去を知ったカホコは初にますます会いたい思いがつのり…。

 

 

 

 

 

今回の出演キャスト

 

 

 

主人公:根本加穂子/高畑充希

 

根本泉/黒木瞳

 

根本正高/時任三郎

 

麦野初/竹内涼真

 

根本正興/平泉成

 

根本教子/濱田マリ

 

根本多枝/梅沢昌代

 

並木初代/三田佳子

 

並木福士/西岡徳馬

 

並木環/中島ひろ子

 

並木衛/佐藤二朗

 

並木節/西尾まり

 

並木厚司/夙川アトム

 

並木糸/久保田紗友

 

 

 

「過保護のカホコ」第9話 9月6日(水) 放送 のネタバレ

 

 

『この小さの王国にすんでいるお姫様は、この小さなお城で22年間大事に大事に育てられていたが、ついに女王が恐れていたその日がやってきた』

 

カホコ(高畑光希)が結婚相手を連れてきたのだ・・・。

 

朝、初(竹内涼真)から電話がきて起きるカホコ。あれからどうだったのか?と聞かれる。

 

カホコは初が挨拶に来た後、家族で初代(三田佳子)の病院に行っていた。そこは厚司(夙川アトム)が働く病院で、もう意識が戻らない可能性もある、と言われていた。もっと早く入院させておけば良かったのよ!と言う泉(黒木瞳)に節(西尾まり)と環(中島ひろ子)は、ママが嫌だって言うからママの思いを叶えてやりたかった、と言いみんな病室で言い争いになる。ばぁばに聞こえちゃうから、と止めるカホコ。福士(西岡徳馬)は部屋の外で、こんな事になったのは全部自分のせいだー!と泣いている。泉は、ママの事絶対死なせない、私がずっと看病するから!と言って福士をなだめる。そんな泉に節と環は、そうやって全部1人で決めて!1人で親孝行アピールするのやめてくれる!?と言い泉もますます意固地になり・・・。

 

それを聞いて、家族の雰囲気が一段と悪くなったんじゃないのか?と心配する初にカホコは、なんか初君に会いたいよー!と言う。すると、窓を開けてみろ!と言われて外を見ると家のしたに初がいた。来てくれたんだ!?と喜ぶカホコ。初も昨日初代の事が気になってあまり眠れなかったという。カホコはおにぎり作るから家においでよ!と初を誘うが、泉が戻ってきたので急いで初は隠れる。

 

泉は、すぐ出かけるから!今日から泊まりがけで初代の看病をする、変な人家に入れないでよ!と言い、着替えをつめて慌ただしく準備をする。カホコは、初との結婚の件を話そうとするが、今はそれどころじゃない!と言われてしまう。ママ本気で反対するって言ってたけど、どういう事か?とカホコが聞くと、決まってるでしょ!勘当よ!どうしても初と結婚したいなら親子の縁を切ってからにしてね!と泉は答え、出かけて行く。

 

アトリエ棟で放心状態のカホコ。

まさか親子の縁切るって言うとは思わなくて・・・と言うカホコに初は、やっぱカホコのママは最強だな、頑張れよ!俺は創作活動で忙しいから!と言う。そんな事言わないでよ!ばぁばの事が心配で頭回らない、と言うカホコに、ばぁばだったらなんて言うか考えてみな!と初は言う。それは・・・こういう時こそ普段通りのカホコでいて欲しい、そろそろ将来の事ちゃんと決めて欲しい、そしてママ達にはちゃんと3人で話し合って解決して欲しい、って言うと思う、とカホコは言う。じゃ、ばぁばが意識を取り戻した時に喜んでもらえるように2人で頑張ろう!で、家族の問題が解決したら俺たちの結婚を応援してもらえるだろう!?諦めなきゃカホコには出来るって俺は信じている!と初は言う。じゃ、頑張って!いざという時には駆けつけるからな!と言ってカホコを送り出そうとする初にカホコは不満な顔をするが、泉に認めてもらえるように絵を頑張るから!と初に言われ納得する。

 

カホコが病院に行くと正高(時任三郎)もいた。泉はベッドからずっと離れずに見守っている。福士は廊下でずっとメソメソ落ち込んでいる。節と環も廊下の待合所にいた。

カホコはみんなに、こんな時になんですが、私根本加穂子は麦野初君と結婚します!と宣言する。何考えてるのこんな時に!という節。環も、ママは認めてくれたの?応援して欲しいなら無理だからね!そんな資格ないし!私離婚するの!と言う。

もう離婚届に判を押して衛(佐藤二朗)に渡してあるという。カホコと節は驚き、カホコは衛のフォローをするが、自分は弱い人間だから衛に甘えてただけだ、と環は泣き出す。節は、何悩んでるの?環は甘い!と言う。節は糸に、そんなに母親が面倒なら出て行け!と言ったという。糸ちゃんも勘当されたの!?と言うカホコ。糸はせいせいした顔で出て行ったと節は話す。

 

病室に行くと泉は居眠りをしていた。カホコは初代の手を握り、カホコは初君と結婚します!この前料理を教えてもらっていっぱい話せてすごい嬉しかったよ!もっともっとばぁばの事知りたいからまだ天国行っちゃダメだよ!ばぁばが目を覚ました時にみんなが幸せでいられるようにカホコ頑張るから!とそっと話す。そんな約束しない方がいいんじゃないの!?環も節も大変みたいだし、ばぁばの意識も戻るかどうか・・・と目を覚ました泉は言う。カホコはばぁばが元気になるって信じてるから!だからカホコ頑張ってくる!とカホコは言い、側て見ていた正高も微笑む。

 

カホコは衛に電話をし、居場所を聞き、そこに急いで向かう。

 

衛は区役所のロビーでビールを飲んでいた。お願いだからもう一回2人で話し合って!というカホコに衛は、俺は誰も守る事が出来ないの!と泣き出す。何かあった?とカホコが聞くと、前に補導した事があった少年が死んだ、何で良い人が早く死んで嫌な人が生き残るのかなぁ、ばぁばだってそうだよ、何であんないい人が・・・だったら俺が代わりに・・・、幸せが壊れそうで不安だって環が言ってた時もこんなくだらない話に付き合っていられないと思ったし、喘息の時もこんなに大変ならもう一緒にいたくないって思ったし・・・と言い、ビールを飲み干すと窓口へ歩き出す。お願いだから考え直して!と言うカホコに衛は、カホコちゃんは俺たちみたいになっちゃダメだよ!と言い、離婚届を提出する。衛おじさん、本当にそれでいいの?と聞くカホコに衛は、もうおじさんじゃないよ!と言い、足早に帰って行く。

その時初から電話があり、カホコは衛の事を相談しようとするが、初も緊急事態だと言う。糸(久保田紗友)がどうしてるかと思い電話したら、親と縁切ってチェロを売ると言っているという。カホコは急いで糸の家に行く。家の下には初がいた。その時家からチェロと大きな荷物を持った糸が出てくる。

カホコはチェロを手放さないように早口で必死に説得するが、その時糸の遊び仲間が車で到着し、糸は福士と初代が糸の為に貯めた通帳を仲間に見せ、車に乗り込む。車は発進するが、すぐに急ブレーキをかけて停まる。車の前には節と厚司がいた。節は車から強引に糸を降ろす。そして、チェロ(を売るの)は絶対ダメ!あなた達もこの娘を変な道に引き込まないで!と言う。そして厚司も土下座して、もう糸と会わないで欲しい!と頼む。節は糸が産まれた時の事や、チェロの才能を伸ばしてやろうと厚司と2人で誓った事、糸は今でも音楽でたくさんの人を幸せに出来る奇跡を起こせると信じている事、などを話す。糸は泣きそうに顔をしかめるが、そのまま車に乗り込んで行ってしまう!

 

帰り道、何も出来ずに落ち込むカホコ。糸の事を心配する。何とかなるって、と言う初にカホコは、環と衛も別れてしまった事を話す。初は、あの2人もきっとすぐに元に戻れる!そんな弱気でどうする!?いつか言ってたろ!?家族みんなの事を愛の詰まった素晴らしい人達だ!って、だからあまり思い詰めるな!と言う。カホコは、初君がいるから大丈夫だよ、と言い、カホコの家の前で別れる・・・が、カホコは、ちょっとだけギュってして欲しい、そうしたら元気が出るから、と言う。しょうがないな!と初が抱きしめようとした時、正高が家から出てきて、初はカホコから離れる。正高は2人に、教子(濱田マリ)がまた何かやらかした、と言う。

 

根本家に行き目を丸くするカホコ。そこにはこの前養護施設に送り届けたたもつがいた。たまたま施設の前を通りかかって、たもつがどうしているかと見てみたら、年上の子にいじめられてて、何ならウチ来る?って聞いたらまたついてきた、と教子は話す。そして教子の後ろには他にも子供が2人いた。

そっちの子達は?と正高が聞くと、公園で淋しそうに遊んでたから、ママは?と聞いたら遅くまで帰ってこないって言うから、夕飯ウチで食べて行く?と聞いたらついてきた、と教子は話す。誘拐犯になっちゃうぞ!と言う正高に教子は、それなら大丈夫!施設と親には電話しておいたから!と言う。この子達を返そう!という正高に教子は、その前に何か作る、お腹すいてるし、と言うが、教子のご飯はマズい!と多枝(梅沢昌代)から反対される。じゃこの家でやる事がなくなる!という教子にカホコは、こういう子供達が気軽に来れたり勉強出来る場所があれば子供達を守ったり助けたりできる!と言う。教子も、カホコと同じ事を考えていた!そういう場所を作りたい!と言う。すると、正興(平泉成)が、自分は教員免許、お母さんは調理師の免許を持っている、教子はこれから保育士の資格を取れば良い、場所はウチの2階が空いている!と言う。愛がない人間の私に出来るかなぁ?と言う教子にカホコは、教子おばちゃんは愛がいっぱい詰まった人間だからたもつ君達がついてきたんだよ、と言う。初も、自分も施設に入っていたからわかる、子供達もおばさんが信用出来るか、嘘をつかないかわかっている、と言い、子供達も頷く。あんた誰?と言う正興に初は、カホコと結婚を前提にお付き合いをしている、と自己紹介をする。そして、もしその場所が出来たら自分が室内のデザインとかをやらせて欲しい、と言う。

 

初代のベッドの所で眠る泉。カホコは疲れている泉を心配する。そして、環や節と仲直りをして欲しい、ばぁばが目を覚ました時に家族がバラバラだと悲しむから、と言う。その時、初代が目を覚ます。そしてカホコと泉を見て、帰りたい!もう一度私の家が見たいの!と懇願する。カホコも一生懸命泉にお願いする。泉は2人の思いを受け入れて家に帰る事を承諾する。

 

そして初代は家に戻る。ここが一番いいわねぇ、と初代。厚司が酸素マスクをつけ、看護する。一生懸命話しかけ世話をする泉、節と環はキッチンでただそれを見ているだけ。

泉が側を離れた時、初代はカホコを呼び、カホコにだけ聞こえるように何かを伝える。そしてカホコは二階に上がって行く。そして大きな箱を持って降りてくる。カホコは泉と節と環のところに行き、ばぁばからこれをママ達に見せてって頼まれた、と箱を開ける。その中には3人が小さかったときの思い出、へその緒などが入っていた。全部ばぁばの宝物だという。3人とも小さいときから明るくて優しくてすっごくいい子だったってばぁば自慢してたよ!とカホコは言う。3人とも兄弟喧嘩をして贅沢だ!カホコはしたくても出来ないから羨ましい!早くばぁばの大好きな笑顔を見せてあげてよ!と言う。

3人は初代の側で小さい頃の思い出話をして笑い合う。

衛君は?と聞く初代に環は、今仕事が忙しい、と言う。初代は環をじっと見つめ、ゴメンね環、あなたを弱い身体で産んじゃって、と言う。節、糸はどうしてる?と聞く初代に節は、もう家に帰ってきたから安心して!と言う。初代は、ゴメンね節、あなたの小さい時忙しくて構ってあげられなかったから、と言う。泉は、私には謝らないでよ!と言うが、初代は、あなたには1番厳しくあたったから、その反動でカホコの事愛しすぎたんじゃないの!?その愛に自由があるかどうかカホコから考える事奪わないで、と言う。そして喋りすぎて初代は呼吸が苦しくなるが話を続ける。この家に嫁にきてからずっと大変だったから、明日から何にも心配しなくていいと思うとホッとするけど、でもやっぱり来年も再来年もみんなでお誕生会やりたかった、と初代は言う。3人は「ぞうさん」の歌を歌う。初代は3人に、私ちゃんとやって来れたかしら?と聞く。3人は、当たり前じゃない!地上最強の母親よ!と言い、初代もゴメンねー!!と言いながら皆で泣く。

 

夜、カホコが初を連れてくる。初は初代に皆の顔を描いた絵を見せる。

カホコのお陰で何を描きたいのかわかった、これからは人間が必死に生きている姿とか大切な人を愛する姿を描きたい、と言う。でも、これはダメね!あなたがいないじゃない、初君、ウチの家族になってカホコの事守ってあげてね!と初代は言う。初は「はい!」と応える。カホコは、結婚したらママに勘当されそうだ、と言うと初代は、駆け落ちだけはしちゃダメよ、ばぁばは勘当されて親の死に目に会えなかった事だけが心残りなの、と言う。そしてバッグをとるように言い、その中の宝石入れから指輪を出すようにと言う。やっとこの家の嫁と認めてもらえた時お姑さんからもらった指輪だという。そしてカホコに、貰ってもらえる?これからはカホコが家族とこの家の事守ってちょうだい!誰よりも一番ウチの家族の事を愛しているから、カホコ、皆の事頼んだわよ!と初代は言う。カホコも初代の手を握り、泣きながら「わかった!」と言う。初も涙を流す。カホコは、ばぁば、大好きだよ!と優しく言う。

 

初代は息を引き取る。翌朝初代を囲んで座る家族達。糸も並木家に来てそっと外から様子をうかがう。

福士はおもむろに庭に出て庭の手入れをし始める。カホコは、ばぁばの側にいてあげて、と福士を連れ戻す。福士は初代の手に触れ、ありがとう!愛してるよ!!と何度も泣きながら言う。

 

『お父さんは生きている間に言えなかった言葉を繰り返している。俺も伝えなければ!お父さんのように。』(正高)

 

初もカホコの手を握ろうとするが、心が空っぽになった様なカホコの表情を見て手を引っ込める。

 

アトリエ棟に戻る初とカホコ。買ってきたご飯を食べよう!と言う初にカホコは、私こんなの初めて!大切な人がいなくなるとこんなに体中の力が抜けてくなんて、目とか耳とか身体全部の感覚が全部なくなっちゃうみたいで、このままじゃ当分結婚なんて考えられないよ、ばぁばが言ってたみたいに家族を守っていく自信なんて全然ない、と言う。

初は電気を消し、カホコ、どこ行った??と探し始める。そして、ここにいるよ!!というカホコに初は、探しているのは俺が好きになったお前だよ!バカみたいに元気でいつも明るくて、愛する人の為ならいつもこの道まっしぐらのカホコはどこ行っちゃったんだよ!?家族の事を守るなんてそんなに簡単に出来ない、でもばぁばが好きだったいつものカホコでいればきっといつか結果は出る!信じて2人で頑張ろうよ!結婚だってこんな時だからこそするんだと思う!だって誓いの言葉で言うだろ?病めるときも健やかなるときも、って、きっと結婚はどんなときも愛し合うっていう事だと思う、今みたいな最悪な時だからこそしなきゃいけないんだと思う!と言う。カホコも、そうだね、と納得する。初はカホコの手を取り、誓いの言葉を2人で誓い合う。そして2人はキスをしようとするが・・・他の人が入ってきて中断する。

初は改めてひざまずいてカホコの手を取り、「結婚しよう!根本加穂子さん!」と言う。カホコも「結婚しよう!麦野初さん!」と言い、2人は微笑み合う。

 

 

《次回へ続く》

 

 

 【エンディング後の次回予告】

 

「ここにいる皆の誰か1人でもいなかったら、今のカホコはいませんでした。みんな、大好きだよ!」

 

 

 

【管理人の感想】

 

初代の命がつきようとしていてもそれぞれゴタゴタしていてなかなかまとまらない家族。初代はカホコに家族の事を託しました。そして初も家族だと・・・。初代が亡くなってしまったのは残念でしたが、初に支えられ励まされ、カホコは結婚に向かって新たな一歩を踏み出すようです。最初は正反対で理解し合えない2人でしたが、お互いに無いものを補い合い、回を重ねる毎になくてはならない存在になってきていますね!とても素敵な夫婦になるんじゃないかな、と思います。

とはいえ、家族の問題はまだ解決出来ていません。皆の問題を解決して皆に祝福されて結婚出来るのか?次回のカホコに期待したいです!

 

 

 

 

【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

http://cu.ntv.co.jp/kahogonokahoko_09/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です