「先に生まれただけの僕」第5話(11月11日放送) オープンキャンパス…無事に成功するのか⁉

日本テレビドラマ「先に生まれただけの僕」公式サイトはこちら

 

【第4話のあらすじ】

 

生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。
アクティブラーニングのノウハウを持っていた英語教師の島津(瀬戸康史)をはじめ、薫(木南晴夏)、日菜子(森川葵)は、鳴海の提案に賛成。
一方、文恵(秋山菜津子)、郷原(荒川良々)、河原崎(池田鉄洋)は、自分なりの授業のやり方があると言って反対。ちひろ(蒼井優)は興味を持ちながらも、手放しで賛成できずにいた。職員室の意見が分かれる中、アクティブラーニングの授業は生徒たちに好評で、鳴海は手応えを感じるも、同時に、鳴海が予想していなかった問題が持ち上がる。

生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。
アクティブラーニングのノウハウを持っていた英語教師の島津(瀬戸康史)をはじめ、薫(木南晴夏)、日菜子(森川葵)は、鳴海の提案に賛成。
一方、文恵(秋山菜津子)、郷原(荒川良々)、河原崎(池田鉄洋)は、自分なりの授業のやり方があると言って反対。ちひろ(蒼井優)は興味を持ちながらも、手放しで賛成できずにいた。職員室の意見が分かれる中、アクティブラーニングの授業は生徒たちに好評で、鳴海は手応えを感じるも、同時に、鳴海が予想していなかった問題が持ち上がる。

 

 

「先に生まれただけの僕」第5話 ブログ管理人の感想

 

加賀谷専務はどうしても鳴海校長のことが気に入らない様ですね。つまらない授業をする様に郷原先生をけしかけ、京明館のオープンキャンパスを失敗させようともくろみました。しかし、真柴先生が渡した(わざと間違えて渡したのでしょうか!?)ペップトークの本によって杉山先生と河原崎先生の授業も活気が出て大成功!そして生徒達が自ら考えて行動に移したメインイベントも大成功でした。書道部のパフォーマンス、とってもかっこ良かったですね!

鳴海校長と柏木事務長のやり取りも息のあったコンビになってきて、毎回ボケと突っ込みがあって面白いですね。

鳴海校長の学校を変えようと試行錯誤する姿を見て、生徒達も次第に変わってきました。学校が変わっていくというのが実感として得られるレベルになって来たのではないかと思います。偏差値を上げ、入学志望者を増やす、と言う目標はまだまだ遠そうですが、今いる生徒達の意識がこの短期間で変わっただけでも大きな成果だと思います!

今回ちょっと本題からズレて鳴海校長を廻る三角関係の様なものも描かれていました。まだ真柴先生の気持ちははっきりとはわかりませんが聡子のことを気にしている感じがしました。聡子は明らかに真柴先生を意識していましたね。確かに自分を通り越して別の女性と目を合わせて笑う彼氏を見ていたら良い気はしませんよね。

さて、来週は学校説明会についてのお話の様です。今度は生徒ではなく鳴海校長の出番ですね!ちゃんと学校の魅力をアピールし、理解してもらえるのか!?加賀谷専務などの横やりは入らないのか!?次週も楽しみです。

「先に生まれただけの僕」第5話(11月11日放送) 放送内容の振り返り

校長室に戻る鳴海(櫻井翔)。加賀谷(高島政伸)から言われたこと、体育館に来た加賀谷の表情が頭から離れない。

 

『僕は加賀谷専務を怒らせてしまった・・・。あの人に反旗を翻したも同然。このままじゃやられる。先手を・・・先手を打たなきゃ。

 

柏木(風間杜夫)が来て、学校説明会が再来週から始まる、今の所申込者が少ない、このままだと来年も定員割れになる、と言う。どうすれば良いのか?と聞く鳴海に柏木は、とにかくたくさんの人に来てもらうしかない!でも、オープンキャンパスの参加者も少なかったしなぁ、と言う。オープンキャンパスは毎年9月にやっている、来年受験する中学3年生に京明館高校を知ってもらおうと学校を開放するイベントだ、と柏木は説明する。

親子で授業を見学したりするが、今年の来場者数は最低だった、と柏木は言い、オープンキャンパスと学校説明会の違いがわからない鳴海に、オープンキャンパスで学校の雰囲気を知ってもらい、学校説明会で教育方針などを説明しウチを受験して欲しいとお願いする、と説明する。

学校説明会は顧客獲得の場で、その前のプレゼンはオープンキャンパス、そのプレゼンが失敗しているのか・・・と鳴海は呟く。

 

鳴海は職員室に行き、学校説明会の前にオープンキャンパスをやりたい!と言う。見せるものは何もない、そもそも来た子はウチを受験しないかも!と言う教師達に鳴海は、それが間違っている、と言う。オープンキャンパスはプレゼンの場です!お客様にアピールしないと!と言う鳴海。そんなに難しいことではない、そもそも人が来なかったのはウチが期待されていなかったからだ、でも今は違う!アクティブラーニングを取り入れて京明館高校は変わりつつある、とにかくもう一度京明館高校を見せる機会を作って学校説明会に来る人を増やしたい!と鳴海は言う。

9月とは違うことをやるんですか?と聞く真柴(蒼井優)に鳴海は、生徒達に考えてもらって、京明館高校をアピールするイベントをやりたい、それぞれのクラスで生徒達に聞いてみて欲しい、と言う。

 

ペップトーク・・・武器となるか!?

 

真柴は自分のクラスの生徒達に、部活の勧誘だと思ってやってみない!?と話す。

 

真柴が、ウチの生徒達が中心になってやると言っている、と言うと鳴海は驚く。どうやってやる気にさせたのか?と聞く鳴海に真柴は、皆の考えた企画でウチが人気校になったら嬉しいでしょ!?とか、みんななら出来る!とか、と言う。鳴海は、ペップトークだ・・・と感心して呟く。ペップトークというのは相手をやる気にさせる会話術。真柴先生ペップトーカーだったんだ!!何かオープンキャンパスいける気がして来た!と鳴海は喜ぶ。

 

鳴海は樫松物産の社長秘書に電話をし、今日の社長のスケジュールを教えて欲しい、と言う。

 

コーヒーを手に苛つく加賀谷。鳴海—!!と呟く。加賀谷は社長に呼ばれる。

 

京明館高校の校長がこれを持って来た!と社長は加賀谷に「京明館高校オープンキャンパス概要」を見せる。持って来た!?と改めて聞く加賀谷。彼を校長に決めたのは加賀谷君だったよな!?若すぎると思ったが、鳴海君はなかなか頑張ってるじゃないか!と社長は言う。

 

社長室を出ると、あの野郎!俺を飛び越して社長に・・・!!飛び越して社長に!!と怒りの目で何度も繰り返す。

 

学校に戻った鳴海は、これで先手は打った、と呟く。

 

真柴は市村(木南晴夏)にペップトークの本を見せる。ちひろちゃん最近なるみんに対して肯定的だよね、と言う市村に真柴は、私はペップトークに興味があっただけ!と否定する。私もなるみんが頑張ってるのは認める、と市村。

 

加賀谷が動く・・・鳴海は妨害され失敗するのか!?

 

加賀谷は綾野(井川遥)を呼び出し、先生から見て鳴海の働きぶりはどうか?反発する人はいないのか?と聞く。鳴海先生は頑張っている、反発している先生はいる、と答える綾野。加賀谷は携帯の録音機能作動し、例えば誰?と聞く。

 

オープンキャンパス私も行っちゃおうかな、と鳴海に言う聡子(多部未華子)。

 

真柴のクラスではオープンキャンパスのイベントについて話合うが、ウチの学校でアピール出来るものはない!とみんな言う。

そこで真柴は、隠れてペップトークの本を読み、ペップトークを実践する。真柴のトークにより生徒達はやる気になる。

 

鳴海は、職員室で、樫松物産の社長がオープンキャンパスに来ることになった。社長は非常にやり手で、怒ると怖い、3年生の授業も見ると思う、充分に気を引き締めて頑張ってください、と言う。

 

校長室の前で耳をすます綾野。当日の3年生の授業は杉山(秋山菜津子)、郷原(荒川良々)、河原崎(池田鉄洋)も担当する、と言う鳴海に柏木は、抵抗勢力に脅しをかけたのか!と言う。それで社長を!?と驚く柏木に鳴海は、社長を呼ぶ理由はいろいろある、敵はあちこちにいるから!と言う。

 

他の先生が派手なアクティブラーニングをやって自分たちが今まで通りの地味な授業をやってたら、マズい・・・と話す杉山と郷原と河原崎。社長ってことはウチの理事長だ!!と杉山。素人だからこそ僕たちが無能に見えるかもしれない!!と河原崎も言い、3人は焦る。

そこに真柴が借りていた本を返すため杉山を探しにくる。真柴が帰った後今の話聞かれたんじゃ・・・と焦る河原崎。しかし、真柴が返したのは杉山の本ではなくてペップトークの本だった。

郷原には知らない番号から着信がある・・・。

 

郷原は加賀谷に呼ばれて本社に行く。緊張する郷原。

 

真柴のクラスの生徒は演劇部、合唱部などに全校生徒で1つの作品を作りたい、全校生徒で歌を歌いたい、とお願いに行くが断られる。

 

郷原は、鳴海は素人だ!それなのに校長なんて・・・と言う。郷原先生は自衛隊出身でしたよね!?もしかしてそのヘアスタイルは自衛隊時代から?と聞く加賀谷。秘書の香坂(松本まりか)からも素敵だと言われ郷原は喜ぶ。だから鳴海校長に反発があるんだね、と加賀谷。とにかく素人で教育を変えるとか、オープンキャンパスで俺が校長だと認めさせようとする魂胆が見え見えだ!と郷原は鳴海を批判する。社長が来るのがプレッシャーだ、と言う郷原に加賀谷は、実は郷原先生にお願いしたいことがある、プレッシャーなど感じることはない、社長は普段の京明館高校を見たいと言っている、着飾った京明館なんて見たくない、郷原先生のお仲間にも原社長にありのままを見せる様伝えて欲しい、と言う。

 

校長室でハーブティーを入れる綾野。オープンキャンパスは社長に声をかけたから失敗出来ない!と鳴海は言う。綾野は、加賀谷から連絡があり、鳴海校長の働きぶりを聞かれて、最後の方は先生に反発しているのは誰なのかという話になった、と話し鳴海は驚く。あまりにもしつこく聞くから私杉山先生、郷原先生、河原崎先生と言っちゃった、加賀谷さんは鳴海校長を守る為だと言っていたけどあれは絶対噓ですね!と言う綾野。マジかよー!!それわかってて、どうして!?とため息をつく鳴海。あの方は校長先生のことをよく思っていらっしゃらないですね、と言う綾野に鳴海は、ビジネスの世界では身内の足を引っ張ることも少なくない、あー!!先手打ったつもりだったのに!!と鳴海はソファーにもたれかかる。最初はどうだったか知らないが、今の校長は出世の為に仕事をしているとは思えない、そんなビジネスの世界の勝負事を学校に持ち込むことはない、ご自分が正しいと思ったことをおやりになれば良い、と綾野は言う。オープンキャンパス、京明館のOGとしてもとっても楽しみ!と綾野。

 

鳴海は中学校を回り再度オープンキャンパスをするからぜひ来て欲しい、と頼みにいく。そして中学を出ると正門の前でオープンキャンパスのチラシを配る生徒達がいた。しかし、チラシを受けとらない生徒が多く、この前行ったけどつまらなかった、と話す生徒もいる。鳴海はそれでもめげずにチラシを配り続ける生徒達を見て笑顔になる。

 

真柴のクラスの生徒は2年生の谷口が書道パフォーマンスで賞を受賞したという記事を読み、谷口にオープンキャンパスのメインイベントにお願いしたい!と頼みに行くが、書道は見せ物じゃないから、と断られる。でも皆諦めずに、京明館高校を変えたい!と気持ちを込めて説得をする。そんな生徒達の言葉を聞いた市村は真柴に報告し、真柴も驚き喜ぶ。そして生徒達が考えたオープンキャンパスのプログラムが出来上がり、真柴は鳴海の所に持って行く。内容に驚き、ありがとうございます!と言う鳴海に真柴は、それは生徒達に言ってください!と言う。

 

オープンキャンパス・・・無事に成功するのか!? 

 

—オープンキャンパス当日—

 

原社長の車が到着する。原とともに加賀谷もやって来る。あとから聡子も見に来る。

 

島津(瀬戸康史)はアクティブラーニングの授業を行う。そして見学の親子に島津は授業内容の説明をする。原社長と加賀谷も鳴海とともに見学する。素晴らしいじゃないか!と原社長。市村も同じくアクティブラーニングをし、生徒達は生き生きと授業をし、見学の親子も興味津々に見つめる。

しかし、郷原は今まで通りの授業。見学の親子はつまらなそう。鳴海とともに原と加賀谷も見学する。これが京明館高校の典型的な授業ですよ!と社長に言う加賀谷。しかし、隣の杉山の教室からは拍手と歓声が聞こえる。杉山はペップトークをしていた。ペップトーク!?と驚く鳴海。原社長も喜んで拍手を送る。鳴海は見学者の中に聡子の姿を見つけ、驚く。

河原崎の教室もペップトークで盛り上がっていた。河原崎も杉山と同じペップトークの本を手にしていたのだ。郷原は杉山と河原崎のクラスを見て呆然とし、何で?・・・と呟く。

 

生徒達が考えたイベントが始まる・・・!!

 

授業後、生徒達と見学の親子達は記念イベントの為に体育館に集められる。社長と加賀谷も参加する。

何が始まるんだろう!?と教師達もソワソワするが、郷原は見学者席に座り、魂が抜けた様になっていた。

時間になり、全てのカーテンを閉じ、会場は真っ暗になる。そしてスポットライトが点くと生徒主体のパフォーマンスが始まる。

DJにより太鼓の音が鳴り響き、出て来たのは書道部の部員達。そして大きな筆を持ち、かけ声をかけながら床一面にダイナミックで大きな文字を書く。

その次に現れたのは弓道部エースの岡村。岡村は矢を放ち、天井に下げられたくす玉を割る。そしてくす玉からキラキラの細かいテープが落ちて書いた時の上に降り掛かる。最後にその文字を縦に掲げ、皆に完成した作品を見せると大きな拍手がわき起こった。そこには「ボクらの未来 京明館 ボクらが創る」と書かれていた。そして、「京明館高校は変わり始めたばかりです!まだ発展途上です!でも、必ず発展していきます。」と生徒はアナウンスし、再び大きな拍手が沸き起こる。目を合わせ笑顔で頷く鳴海と真柴。聡子はそんな2人の様子が気になる。

そこで突然応援団の1人の男子が校歌を歌いだし、在校生皆で大合唱する。

社長を見送る鳴海。なかなか面白かったよ!君は学校の理念を変えたいのかね?と聞く社長に鳴海はちょっと考えたあと、“グローバル人材の育成”から“逞しく自立出来る人間を育てる”に変えた方が良いと思っている、と言う。“逞しく自立出来る人間を育てる”か・・・まずは結果を出しなさい!理念を変えるのはそれからだよ!と社長は言う。調子に乗るな!と加賀谷は言い、帰って行く。とりあえずはオッケーですよ、オープンキャンパスが上手くいったんですから、と鳴海は柏木に言う。

そして鳴海は校舎から出て来た聡子を柏木に紹介する。あっ、もしかして!?と言う柏木。その様子を見ていた真柴。聡子は帰りかけに真柴と目が合うが真柴はすぐに立ち去る。

 

《次回に続く》

 

【エンディング後の次回予告】

 

「優秀な先生を入れた方がいいんじゃないですか!?」(保護者)

「あなたは素晴らしい」(加賀谷)

「校長先生は立派に仕事をしてらっしゃると思います。本当にそう思います。」(真柴)

「真柴先生が何か?」(柏木)

「可愛らしい方だな、って思って」(聡子)

「ジェラシックパーク!」(柏木)

「ごめんね、聡子」(鳴海)

「島津先生とデートしたでしょ!?真柴先生もしかして島津先生と!?」(生徒)

「気を紛らわせたい時はいつでも言って!」(聡子)

「プライド・・・」(鳴海)

 

今回の出演キャスト

主人公:鳴海涼介/櫻井翔

柏木文夫/風間杜夫

矢部日菜子/森川葵

市村薫/木南晴夏

及川祐二/木下ほうか

島津智一/瀬戸泰史

真柴ちひろ/蒼井優

河原崎孝太郎/池田鉄洋

郷原達輝/荒川良々

杉山文恵/秋山菜津子

綾野沙織/井川遥

松原聡子/多部未華子

後藤田圭/平山浩行

香坂友梨子/松本まりか

加賀谷圭介/高嶋政伸

 

見逃した人に教えます 無料で見れる動画サイト

見逃してしまった人のために、放送から1週間はテレビ局が無料で動画を公開しています。

 
受験生(中学3年生)に向けた、学校を知ってもらう為のイベント『オープンキャンパス』開催を知った鳴海(櫻井翔)は、生徒たちにもイベントに協力してもらい、京明館高校の魅力をアピールしたいと教師たちに提案。ちひろ(蒼井優)は自分が担任する2年3組の生徒に、オープンキャンパスでのメインイベントを考えてみてほしいと相談する。

※1週間以降は見れなくなるのでその場合は、以下のサイトを覗いてみてください。

※閲覧は自己責任でお願いします。

1.9TSU

2.miomio.tv

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です