「ハロー張りネズミ」第3話 7月28日(金) 放送内容

 

【第2話のあらすじ】

 

ある日、「あかつか探偵事務所」を一人の女性が訪ねてきた。ゴロー(瑛太)グレ(森田剛)が依頼内容を聞くと、四俵蘭子(深田恭子)と名乗る女性は、25年前の新聞記事を手渡した。そこには「サンダー貿易副社長・自殺」の記事が。副社長が飛び降り自殺したという報道だが、本当は殺されたと主張する蘭子は、殺された四俵乙吉(平田満)は自分の父だという。ただならない依頼だと感じ取ったかほる(山口智子)は、全てを聞かずに蘭子の話を遮り断ってしまう。
失意に暮れて商店街を駅へと戻る蘭子だったが、その蘭子をゴローが呼び止める。「困っている美人は放っておけない」というゴローは、蘭子から25年前に起こった事件のあらましを聞く。それは、サンダー貿易の贈収賄および詐欺事件に関することだった。なぜ蘭子の父・乙吉は殺されなければならなかったのか!? そんな中、ゴローと蘭子は南(リリー・フランキー)という男と接触する……。

 

今回の出演キャスト

 

主人公:七瀬五郎/瑛太

「あかつか探偵事務所」所員。通称「ハリネズミ」。
バカでスケベだが、人情に厚く、事件の嗅覚と行動力は抜群。
ちょっと抜けているところもあるが、ケンカも強く、あかつか探偵事務所のムードメーカー的存在。ある事件で蘭子と知り合うことになり…。

四俵蘭子/深田恭子

ある事件をきっかけに五郎と知り合うことになる。
ミステリアスな美女だが、その正体は謎に包まれており…?

 

木暮久作/森田剛

「あかつか探偵事務所」所員。ハリネズミこと、五郎の相棒。元ギャンブラーで、鋭い洞察力の持ち主。暗い過去を背負っているが普段は明るくてノリも良く、いつも五郎とバカを言い合っている。男臭い顔つきに似合わず実は涙もろく、依頼者の身の上話を聞いて号泣してしまうことも…!?

マスター/中岡創一

スナック「輝(キララ)」マスター。基本的に無気力な年齢不詳の中年独身男。
私生活などは謎に包まれている。

萌美/片山萌美

スナック「輝(キララ)」アルバイト。お店の看板娘。
ナイスバディーを強調する露出の多い格好をしていることもあり、いつもゴローやグレからちょっかいを出されている。

河合節子/蒼井優

素性や生い立ちは不明だが、類まれな霊能力を持つ美人霊媒師。

 

片桐/矢島健一

全国に12の支店を展開する大手調査会社「帝国リサーチ」の所長。
風かほるとは旧知の仲で、ときに情報のやり取りを交わす。

 

南/リリー・フランキー

「サンライズ出版」社長。おんぼろ出版社・サンライズ出版の経営者で普段はグータラの不良ジャーナリストだが、大企業のトラブルや揉め事を処理するという裏の顔を持つ。

風かほる/山口智子

「あかつか探偵事務所」所長。人望はあるが、昼間から本格的に酒を飲むなど、豪快な5時から女。
そのせいか未だに独身であるが、過去は不明。

 

 

「ハロー張りネズミ」第3話 7月28日(金) 放送 のネタバレ

 

 

緊急ニュースとして「東京・中央区 消火活動中 兜町のビルで爆発」というニュースが流れる。

五郎(瑛太)が急いで南(リリーフランキー)の事務所に駆けつけると、南は顔を真っ黒にして歩いて出てきた。南は書類の山に隠れて無事だったという。警察に連れて行かれる南に、例の書類は?と聞くと、後で届けるよ、と言われる。

そこに蘭子(深田恭子)も現れる。どうして爆発が?と言う蘭子に五郎は、おそらく書類が見つかって困る人間が動き出した、四俵の元部下の日下につけられていた、と話す。おそらく舞原(中原丈雄)に報告して、更に蔵元にも・・・そしてどっちかがその筋の下請け業者に依頼したんだろう、と。

上場企業の経営者と現役の大臣ですよ!と驚く蘭子。五郎は四俵が死んだときの警察の資料が手に入った、あと事務所に仲井(吹越満)が来ている、と蘭子に告げる。

 

事務所に戻った五郎と蘭子。何で今頃になってCD—ROMを送ってきたのか?なぜ当時警察に話してくれなかったのか?と蘭子は仲井に聞く。仲井はすみません、と蘭子に頭を下げ、あの時は恐かった、自分も副社長と同じように殺されるんじゃないかって、と言う。何で今になって?と聞く五郎に仲井は話す。

あの事件の後すぐに会社を辞めて実家に戻った。実家はNEXTエネルギー施設の近くにあって畑から毎日その施設を見ていた。でも5年が過ぎ、10年が過ぎ、結婚して子供が出来、自分の中であのことはなかったことにするようになった。でも、そんな暮らしも長くは続かなかった。6年前、NEXTエネルギー施設の大爆発が起こり、妻は施設の近くの幼稚園に通っていた子供達のところに行き、爆発に巻き込まれて・・・何であの時自分は妻と子供を・・・と泣く仲居。

続きはグレ(森田剛)が話す。

結局奥さんと子供達は亡くなった。仲井のお母さんも嫁と孫達を亡くしたショックで精神的に・・・自殺してしまった・・・とグレも泣き出す。

 

家族が亡くなったことで四俵のことや、NEXTエネルギー施設に関わったことに責任を感じたんですよね、と五郎。仲井は、死のうと思っていた、どうせ死ぬなら殺された副社長のことをちゃんとしてからと思っていた、と話す。そして蘭子も泣き出す。

そこでかほる(山口智子)が、ちょっとここで状況整理しよっか、と話に入る。もうちょっと空気を読むようにというグレにかほるは、ドブネズミ2匹とメソメソ君とうっかりエロスちゃんが悪の大魔王に立ち向かおうとしてるんでしょ?!気持ち切り替える!と言う。そして自分のことは奇跡の53歳、と言う。

そこに南が書類を持ってやって来る。五郎は犯人は「ARABIAN」というダイイングメッセージからハブジャーで間違いないだろう、と言う。南の資料と仲井の録音した音声と、ダイイングメッセージの写真を今更警察に持って行っても捜査は難しい、マスコミに持って行くのが一番良いだろう、と南は言う。おまけに高く売れる、とかほる。南は皆で集まっている場合じゃない、奴らが次に狙ってくるのはここだ!と言う。蘭子の家も危ないので、蘭子も仲井もホテルに泊まるように五郎は言い、グレはホテルを探す。その間仲井はダイイングメッセージの写真をじっと見つめる。

 

五郎は蘭子をホテルまで送り、南の知り合いの記者と明日会ってくる、と蘭子に言う。五郎は大事な証拠を蘭子の部屋の冷蔵庫に隠す。四俵の落とされたサンダー貿易のビルが窓の外に見え、蘭子は見つめる。俺たちの手で、引きずりおろしてやりましょう、と言う五郎に蘭子はお礼を言う。そして、蘭子は五郎に抱きつき、恐いんです、私が始めたことなのにこんなに色々な人達を巻き込んで・・・何もしない方が良かったんじゃないか、と言う。五郎は、大丈夫、今回上手く乗り切れば今までの苦しみから抜け出せる、と励ます。そして蘭子のおでこにキスをして、おやすみなさい、と帰って行く。

帰りながら、何カッコつけてんだよ!絶対行けたじゃねーかよ!と後悔する五郎。

仲井も別室でビールを飲みながらサンダー貿易のビルを見つめる。

 

翌日、五郎と南は記者のところに行く。これだけ証拠が揃っていれば舞原と蔵元と、上手くいけば蛭田も引っ張りだ出せる、すぐに編集長に話をする、と言う。そして記者から、この資料を必死に探してる奴がいるだろうから気をつけるように、と言われる。

 

事務所に戻ったグレ。鍵を差し込んだ瞬間異変に気付く。恐る恐るドアを開けると中に作業服の男(髙橋努)がいた。清掃に来たが、留守なので・・・そして、探し物が見つからない、と言う。そして次の瞬間グレに襲いかかり、首を締め付ける。グレも必死で戦う。

 

南は記者から連絡が来たらまた連絡する、と言い五郎と別れる。

 

グレとの激しい交戦の末、男は出て行った。しかし事務所のパソコン画面には蘭子の泊まっているホテルの情報が出ていることに気付いたグレは五郎に電話し、蘭子のところに男が行った!と言う。五郎は走って蘭子のいるホテルに向かう。

 

仲井は誰かと電話をしていた。そして、これから伺わせて頂きます、と話し、部屋を出る。そしてエレベーターの所で男とすれ違う。

 

五郎が何度連絡しても蘭子は電話に出ない。蘭子はシャワーを浴びていた。部屋のチャイムが鳴る。蘭子がタオルを巻いたまま覗いて返事をすると、エアコンの定期清掃に来た、と男は言う。

 

五郎はホテルに向かいながら仲井がどこかに行くのを見つける。しかし、声をかける時間はなく、そのままホテルへと急ぐ。

 

蘭子がドアを開けると、男は入ってきて窓に拳銃を向けて発射した。そして、どこにある?早く出せ!と蘭子に拳銃を突きつける。蘭子の悲鳴を聞いた五郎は急いで階段を上る。

 

仲井はサンダー貿易に来ていた。

 

五郎が部屋に辿り着くと、部屋には鍵がかかっていた。五郎はぶち破ろうと何度も体当たりをする。

 

仲井は舞原の部屋に行く。

 

五郎が部屋に入ると、蘭子は捕まり、拳銃が向けられていた。そして男は証拠を手にしていた。男は五郎に拳銃を向け、外に出ろ!と言う。五郎は一瞬の隙を見て男に掴み掛かり、男は蘭子を離す。五郎は必死に戦う。パトカーのサイレンが聞こえ、男は拳銃を拾い、蘭子を連れて外階段に出る。五郎さーん!!と叫ぶ蘭子。

 

まさか君から連絡があるとは思わなかったよ、という舞原。仲井は例の資料を渡す代わりにもう一度サンダー貿易で働かせて欲しいと提案したのだ。その歳で本社勤務は難しいが、子会社の管理職のポストは約束しよう、と舞原は言う。ありがとうございます!という仲井。舞原に、じゃ出して、と言われ・・・

 

五郎も外階段へと走る。血痕が上へ続いていたので上へと上って行く。そして屋上で男と蘭子を見つける。もう逃げられないぞ!という五郎に男は、捕まってもいい、俺の仕事はこの証拠を処分することだ、お前ら殺してこれを燃やせばおしまいだ、それで先生が喜んでくれるならどうなってもいい!と言う。先生って?と聞く五郎に男は、言うわけないだろ、あんなにすごい人はいないんだよ!と言う。

 

舞原は蔵元に今証拠が手元に届いた、と連絡する。仲井は舞原に拳銃を向け、慌てる舞原。

 

五郎は男が逃げる時に落としたCD—ROMを拾い、お前の先生が欲しがっているのはこれだ!持っている書類は大したことない、と言う。こっちによこせと言う男に五郎は、これを渡す代わりに蘭子さんを離せ!と言う。

 

仲井は舞原に銃口を向け、四俵副社長を殺したのはあんたですよね?と聞く。舞原は、殺すように命令したのは蔵元で、私はただ立ち会っただけだ、と言う。

 

五郎はCD—ROMを持ってゆっくり近づく。そしてCD—ROMに太陽の光が反射し、男が眩しさで目をそらした瞬間、五郎は男に飛びかかる。

 

仲井は舞原に向けて拳銃を撃つ。後ろの窓ガラスが割れ、割れたガラスと一緒に舞原も下に落ちて行った。

 

五郎は男をと一緒にビルから落ちる。書類だけがヒラヒラと空を舞った。

動揺しショックで動けない蘭子。その時、蘭子さーん、と呼ぶ声がすぐ近くからした。慌てて駆け寄って下を見ると、五郎はすぐ下の柵にぶら下がっていた。何とか上に上り、蘭子も一安心する。下では男が倒れていた。

仲井さん・・・と蘭子が指さす方を見ると、サンダー貿易のビルの一室の窓が割れ、拳銃を持つ仲井の姿が見えた。仲井もホテルの屋上から見ている蘭子と五郎に気付く。そして仲井は警察に取り押さえられた。

 

仲井は殺人容疑で逮捕される。拳銃はおそらく自作の物だとニュースは報じる。その報道を見るかほるとグレ。かほるが、最初から自分1人で舞原を殺すつもりだったのかね?と言うとグレは、だと思う、拳銃を持っていることは知っていた、という。仲井の家に行った時に箱に入っているのを見た、と。何で黙ってたの?と聞くかほるにグレは、信頼していた上司が殺されて、でも逃げて、家族があんな事になって、仲井さんが20年間どんな気持ちで過ごしてきたかなんて僕たちにはわからない、と言う。かほるも納得する。グレは、1つ謎が残る、舞原が四俵を追い込んだのは確かだが、直接殺した証拠はない、仲井には確信があったのかなぁ?と考え込む。

 

仲井は面会に来た五郎と蘭子に話す。あのダイイングメッセージの写真を見て舞原だと確信した、文字は左手で描かれていたので指の動きが逆になってしまった、と話す。そして、自分の目的は、舞原を殺す事だった、と。蔵元や蛭田の事はこれから刑務所で全てを明らかにする手記を書いてみようと思う、と話す。

 

蘭子は、戻る仲井を呼び止め、ありがとうございました、どうかお元気で、と言う。

 

かほるは片桐(矢島健一)からもう手を引くように、まさか蔵元や蛭田まで追い込むつもりじゃないだろうな?!と言われる。そのつもりだったらどうする?と言うと片桐は、また死人が出るぞ、たとえドブネズミでもお前にとっては可愛いペットだろ?大人しくしていれば向こうだってこれ以上動かない、と言う。

 

五郎は蘭子に、お父さんも蘭子の幸せを望んでいるはず、と言う。そろそろ今の仕事を辞めようかと思っている、という蘭子に五郎が仕事を聞くと、蘭子は六本木でホステスをしている、だから調査料は心配ない、と言う。帰る蘭子を五郎は呼び止め、また会えますよね?と聞く。蘭子は振り返り微笑むが何も答えずに行ってしまう。

 

ある日事務所に戻る五郎とグレ。事務所に蘭子がいて驚く。かほるは、事務とか給与とか自分が苦手なのをやってくれるから雇った、と言う。五郎は蘭子を見つめ、よろしく、と嬉しそうに言う。

 

 

《次回へ続く》

 

 

【エンディング後の次回予告】

 

FILE.3 ママ、寂しかったの

漫画家北村アキコからの依頼は、家の中にいる誰かを探して欲しいという奇怪なもの。1人娘の七恵がお留守番をしている間に誰かが家に侵入しているという。しかも七恵が見たのはいないはずの母親の姿。その正体を突き止めるべく動き始めたが、これがとんでもない事に!この家には化け物が住みついていたのだ。謎の霊媒師河合節子も加わって真夏のホラーお送りします!

 

 

 

【管理人の感想】

 

今回はアクションシーンが多かったですね。五郎とグレはあんなに強いんだ!とドキドキしながら見ていました。今回の事件は完全にスッキリ解決、というわけにはいきませんでしたが、それが逆にリアルな気がします。そして先週グレが見て驚いていた箱の中身が拳銃だとわかり、謎が解けました。山口智子さんの奇跡の53歳にも驚きました!!本当に素敵すぎます!!

そして、蘭子が事務所の一員になりましたね。これでますます五郎のやる気がUPするのでは?

来週はまた全然違うジャンルの事件となりそうです。扱う事件の幅が広いですね(^^;)蒼井優さんが登場という事なので、また来週も楽しみにしたいです!

 

 

【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/hello-harinezumi/003.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です