「わにとかげぎす」第7話 9月6日(水)放送内容

 

 

 

【第6話のあらすじ】

 

 

深夜のショッピングセンターで警備員をしている富岡(有田哲平)は、個性豊かな新人警備員の花林(賀来賢人)、雨川(吉村界人)に振り回されながらも、彼らと過ごす時間も悪くないと思うように…。
ところが、花林と雨川がヤクザの東金(村上淳)の金庫を強奪したことから、富岡の人生は一変。東金が大勢のチンピラを引きつれスーパーマーケットに殴りこみにやってきたのだ。店内の監視カメラには、血眼になって花林を探す彼らの姿が…。怖くなった富岡は、思わず羽田(本田翼)に助けを求める…。
一方、花林と雨川は吉岡(コムアイ)の前に突然現れた上原(淵上泰史)の行動に怯え、身の危険を感じていた。恐怖に震える花林と怒りに狂う雨川…。果たして二人の運命はいかに!?
そして富岡と羽田は二人を救うことが出来るのか!?

 

 

 

 

 

 

今回の出演キャスト

 

 

 

主人公:富岡ゆうじ/有田哲平

38歳、独身。中二病全開のショッピングセンターの夜間警備員。
趣味はラジオを聴くこと。ロック好き。
ある日突然、38年間友達がいないことに気付き、言い知れぬ不安に苛まれていた矢先「お前は 1年以内に 頭がおかしくなって 死ぬ」という脅迫状を受け取り、怯える日々を過ごすことに。
隣人の羽田さんや、職場の後輩である花林や雨川たちと触れ合うことで、心の底に眠っていた他者への優しさが芽生えていくが、その優しさが原因で様々なトラブルや事件に巻き込まれてしまう。

羽田梓/本田翼

富岡が住むアパートの隣に住んでいる小説家志望のwebライター。とても美人だが、少々エキセントリックな性格を持ち、幼い頃にトキめいた『トランプのジョーカーのような男』が好みで、まんまジョーカー顔の富岡に出会い、恋に落ちる。
富岡の部屋を盗み聴きしたり覗き見たりしつつ、富岡に振り向いてもらおうとさまざまな手でアプローチを仕掛けるが、なかなか気付いてもらえない。

花林雄大/賀来賢人

上昇志向が強い自信家。テンションが異様に高く、他人とのキョリが妙に近い。
富岡の人生初の部下。富岡に対しては意外に素直だが、雨川とはことあるごとに言い争いをしている。
自分の夢の中に何度も出てきた、会ったこともない「夢の女」を見つけるため、上京してきた。と目指すは「夢の女」とのリア充生活。

雨川勇/吉村界人

花林とともに、富岡の人生初の部下。女性と付き合ったことがなく、童貞。吉岡を「運命の女性」と恋い焦がれ、彼女の部屋を覗くことができるという理由だけで富岡の勤務するスーパーの警備員になった。
吉岡の頼みにより「彼女を助けたい」一心でヤクザの金庫を盗むことを決意。しかし、それをきっかけに、さらなる事件に巻き込まれてしまう…

ホームレスのオヤジ/光石研

本名は不明。元料理人だが、ギャンブルで身を崩した。本人曰くドリフター(放浪者)。サラリーマンの生涯年収を宝くじで一発当てて、人生逆転することが生涯の夢。
富岡に脅迫状の犯人の情報を教えると持ち掛け、富岡の自宅に転がり込むが、実は闇金から300万円近い借金を抱えていることが発覚。

上原洋介/淵上泰史

仕事もなく、鬱病とアル中を患っている父親と山梨の山奥で二人暮らし。
様々なことに絶望し、生きる価値を見失ない、死のうと思っていた所に、花林、雨川らに出会う。

吉岡華/コムアイ

ヤクザの若頭、東金の愛人。富岡らが務めるショッピングセンター近くのマンションで、東金に囲われており、昼間は東金が店長を務めるパチンコ屋で働いている。
雨川が自分に好意を抱いていることを知り「自分が盗撮されたDVDが金庫に入っているため、東金から逃げられない」と言って、金庫をマンションから盗み出すよう、雨川をそそのかす。

東金直弥/村上淳

ヤクザの若頭組長。
表の顔は吉岡が働くパチンコ店のオーナーだが、裏では闇金や人身売買で稼いでいる。

島田裕至/DOTAMA

闇金の取り立て屋。片眼が義眼。借金を抱えたホームレスのオヤジを探している。頭は切れるのだが、
プライドが高く、すぐキレる。キレるとあまり見境がなくなり、すぐ人を殺そうとする凶暴な男。

川上/福山翔大

島田の部下。闇金の取立屋。冷静沈着なタイプ。

堀田/ACE

島田の部下。闇金の取立屋。ガタイがでかく、暴力担当。

 

 

 

「わにとかげぎす」第7話 9月6日(水) 放送 のネタバレ

 

 

「この間の合コンでMCで思いっきりスベったメンバーが土の中に潜りたいって言い出してさぁ、なんならモグラになりたいって。いや、でもモグラなんてつまんねーぞって、あいつらガリガリするイメージ強いけど、土の中を動くスピードはナメクジの半分くらいだって。」

 

車の中でラジオを聞く富岡(有田哲平)と羽田(本田翼)。羽田は、良いじゃないですか、その人のペースで!ね、富岡さん!と相づちを打つ。

 

「なんなら全然地上に出てくるし、水の中でも泳げるのに、何でそんなに不便なところにいるんだ、って」

 

好きなんでしょう!?土の中が!!ね、富岡さん!と羽田。

 

『完全に気を遣われている・・・』

 

庭でアイスを食べる上原(淵上泰史)。花林(賀来賢人)は庭にホースで水をまく。上原は、アイスの棒を父親を埋めた地面に突き刺し、あの眼鏡はどうしちゃったわけ?何も食わねーし、ここに来てから水をちょっと飲んだだけだろ?ずっとだんまりで、と言う。花林は、ショックなんだと思います、あいつあの女に惚れてたし、と言う。惚れてたんだ、悪い事しちゃったな、と上原。花林はアイスの棒が刺さった地面に手を合わせる。何で死のうと決めてたのにオヤジは球根なんて買ったんだろうな、と上原は呟く。

 

富岡達は“クマ出没地域につき立入禁止”の看板にようやく辿り着く。

そしてその奥に車で入って行く。そして白いワゴン車が停まっているのに気付き、近づいてみるとラピッド引越社というステッカーが貼ってあり、雨川(吉村界人)達の車だと確信する。車の中を覗き込むが誰もいない。羽田は近くで血が付いた板を発見する。動物か何かが車ではねられたのかも、と言う。

富岡は、羽田にちょっと待ってて、と言い森の中に入って行く。そして見つけたのは空っぽになった金庫だった。その中に雨川に金庫を盗むように頼んだ女のパスポートを発見する。羽田も後から来て、2人はとりあえず近所の人に聞いてみる事にする。

 

庭に出る花林に上原は拳銃を向ける。花林は水のペットボトルを上原に見せ、雨川のところに持って行く。物置に行き、花林は雨川に話しかける。俺はあいつに見張られてお前を助けてやれない、でもこれだけ連絡が取れなければ主任が動いてくれるかもしれない!だから死なないでくれよ!と言い、水を飲ませる。

 

その頃、富岡は民家を見つける。車が通れるか聞いてくる!と言う羽田を引き止め、通れるから一緒に行こう、と富岡は言い車を進める。

 

買ってきた豪華な食事をテーブルいっぱいに並べ食べる上原。どんだけ高い飯食ってどんだけ生きればあの金無くなるんだろうな?と上原は言う。そして花林に、あの金やるよ!やっぱもういいや!ただ、問題はお前らだ、俺が死んだ後に警察やマスコミがここに来るのはマジ勘弁!誰にも知られないまま静かに死にたい、と言う。絶対言いません!!だから、雨川を・・・と言う花林。ここにきてお前には大金を抱えて逃げるチャンスが来た、あの眼鏡を殺せ!あの眼鏡を殺して俺の信頼を勝ち取れ!そしたら俺を丁重に葬った後あの金を抱えて帰って良し!と上原は言う。動揺する花林に上原は拳銃を向け、勘違いするなよ!これは命令だからな!大丈夫、ここに残るのは俺1人、誰にもわかりゃしないから、と。そして花林の頭に拳銃をつけ、今すぐここで死ぬか一億持って家に帰るか、こんなの超簡単な問題だろ!?どっち?死ぬ?殺す?と聞く。花林は、即答出来ずに混乱して焦りまくる。

その時誰かが訪ねてくる。富岡と羽田だった。

 

出てきた上原を見た羽田は、さっき道を教えてくれようとした人だ、と言う。富岡は、昨日の夜この辺で大きい音を聞いてないか?金属を叩く様な・・・あと、男性2人を見かけなかったか?と聞くが上原は、見てないし何も聞いていない、と答える。その時富岡は上原がラピッドのキャラクターを踏んでいるのに気付く。そして後ろの手には拳銃が握られているのも見え、そうですか、ありがとうございます、と言う。

そして上原がドアを閉めると富岡は羽田の腕を掴んで、ヤバい!ここはヤバい!!と言いながら急いで車に向かう。そして羽田を車の中に入れ、自分も乗り込み、急いで発信させようとするが、手が震え焦っていると、前から上原が拳銃を持って出てきて車に4発撃ち込む。伏せながら急いで発進する富岡。そのまま上原に突っ込み、上原をボンネットに乗せたまま物置に突っ込む。物置と車の間に挟まり血だらけの上原がボンネットの上の拳銃を手にしようとした時、羽田が手を伸ばして先に拳銃を奪い取る。

 

そして上原をそのまま残し、富岡と羽田は家の中に入る。家の中では花林が手足を縛られていた。花林に雨川の居場所を聞いて富岡は物置に行く。そして縛られていた手足を自由にして助ける。良かった!来てくれて、やるぞ!殺すぞ!と笑う雨川。

 

花林は携帯を見て、アップしたロレックスの写真に「見つけ次第殺す!」「死ぬまで追い詰める!」「実家の前まで来たぞタコ コラ!!」などというコメントが多数書かれているのを見て恐怖で震える。

 

羽田は上原の部屋で、昔の上原の家族写真を見つける。

 

雨川は工具や斧を持ち、あの男はどこか?と富岡に聞く。危ないからそういうの持たなくていいから、と言う富岡に武器を振り上げる。

 

花林は、ヤバい、ヤバいよ、と言いながら押し入れから現金を出す。そんなの持ってたら警察に・・・と言う羽田に、この金がなくちゃ!逃げないと!!と焦って言う。

 

震える富岡から落ちた吉岡のパスポートを拾った雨川は怒りが込み上げ、殺す!殺す!殺す!と何度も呟きながら上原を探す。

 

そして庭を歩く上原を見つけ、あの人を返せ、と言いながら斧を振り上げる。雨川!やめろ!!と叫ぶ富岡。雨川はそのまま斧を振り下げる。富岡はとっさに見えないように羽田を抱え込む。

雨川・・・と雨川の背中に向かって言う富岡に雨川は指で右を指す。雨川の正面の森には大金を抱えて逃げようとする花林がいた。そして花林も雨川も気付き、お互い目が合う。雨川は花林に、逃げるようにと左を指さす。それを見て目に涙を溜めながら花林は逃げる。

 

羽田は警察に連絡する。富岡は呆然とし、膝から崩れ落ちる。

 

夜、警察が来て富岡と羽田は事情を聞かれる。富岡は、上原とは何の関係もない、と答える。

 

もし、あの時(車が通れるか聞きに行こうとした時)、富岡さんが止めてくれなかったら私死んでたかもしれないです、と言う羽田。羽田さん、ずっと言おうと思ってたんですけど、Tシャツ裏返しです、という富岡。

富岡は警察に連行されて行く雨川を見つめる。そして、富岡は満点の星空を見上げる。

 

『俺があの時(金庫強奪計画を聞かされた時)ちゃんと止めていれば誰も不幸にならなかった。雨川が警察に行く事も無かった。いつか流れ星に俺がお願いなんてしたからだ、友達が欲しいなんて・・・。』

 

そしてお金を持って山道を逃げる花林。その時一台の車が通りかかり、金を払うから乗せてって!と花林は懇願する。車の窓が開き、乗っていた男は、携帯は電源を入れたらアウトだから!と言い花林の顔に拳銃を突きつける。そして花林は男達に捕まり車に乗せられる。

 

『俺が願い事なんてしなければ、花林は行方不明になる事もなかった。誰かが死ぬ事もなかった・・・』

 

警察は森に捨てられた金庫も調べ、大量のパスポートを見つける。そして吉岡の遺体も見つける。

 

こんなとこ誰も住まないですよね、と言いながら写真を撮る職員達。あの事件からもう3ヶ月か、と呟く。そして父親が埋まってたところからはイヌサフランの芽が出てきていた。イヌサフランはここの一家が間違えて食べて病院に運ばれて母親だけそのまま死んでしまった、あれは一家心中しようとしたってみんな言っていたが、もう誰にもわからないな、と職員は言う。

 

家から出る羽田。

『あれから3ヶ月経った今でも、彼は自分を責め続けている。全ての責任は自分にあると・・・』

そして富岡の部屋のチャイムを鳴らすが、返事はない。

部屋に戻り壁をノックすると、ノックが返ってきた。富岡さん!?どうでしたか、面接?と聞くと富岡は、何社か受けているがなかなか、と答える。とうとう貯金がつきて来月から家賃が払えない、次の面接落ちたら来月から宿無しだ、と言う富岡に羽田は、じゃ、ウチに来ますか?何度も警察に出頭して何度も同じ事を聞かれた仲じゃないですか、友達どころか一緒に殺されかけた仲じゃないですか、と言う。本当に良いんですか?と富岡が聞くと、遠慮せず頼りにしてください!と羽田は言う。羽田さんは大丈夫ですか?と富岡が壁に向かって聞くと、返事はなく、窓を物干竿でノックされる。ベランダに出ると羽田がいて、ちゃんと顔を見て話した方が良いと思って、と言われる。そして、富岡さん!私と付き合ってみませんか?富岡さんには友達ではなく彼女が必要だと思います!と羽田は言い富岡は、驚く。

 

 

 

《次回に続く》

 

 

 

【エンディング後の次回予告】

 

「羽田さんと僕付き合っちゃおうかなぁ」(富岡)

「いいんじゃないですか!?」(羽田)

初めての体験

「2人の幸せ考えてみませんか?」(羽田)

「限りなくBカップにちかいけど、でもCです!」(羽田)

「僕なんかが幸せになっちゃってもいいのかなぁ」(富岡)

 

 

 

 

 

 

【管理人の感想】

 

今回も恐かったー(><)上原の狂気の表情は夢に出てきそうです。

富岡にせっかく出来た友達がこんな結果になってしまい・・・とても残念です。友達が欲しいと願った事が間違いだったとは思って欲しくないです!!

それでも、金庫を盗もうとした時、そして上原を殺そうとした時、雨川を止められなかった後悔はこれからもずっと残るでしょう。

一連の事件はやっと終わり、最後は富岡と羽田のほっこりした場面で終わりました。これから2人は幸せになるのでしょうか?もう恐ろしい事が起こらず、平和に過ごせる事を祈ります!

 

 

 

 

 

【後からでも見れる動画メディア紹介】

 

http://www.tbs.co.jp/muryou-douga/wanitokagegisu/007.html

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です